綺羅矢的のフタカラ! with 大学の友人編

どうも、化学のレポートは半分くらいで断念した綺羅です。いや、あの内容で半分できれば上出来だと思う。

さて、今日は「カラオケの金曜日(笑)」ということで、またカラオケに行ってきました。今回は大学の友人とフタカラをすることになりまして、プレミアDAMで3時間です。


・曲リスト(奇数番が僕、偶数番が友人です)
(記号は、●……アニメ付き、▲……PV付き、★……ライブ映像付き、です)

1.『Errand/飛蘭』
2.『Justice to Believe/水樹奈々』
3.『Paradise Lost/茅原実里』
4.『nO limiT/エクリップス(戸松遥、中島愛、早見沙織)』
5.『Running on/エクリップス(戸松遥、中島愛、早見沙織)』
6.『First Good-Bye/涼宮ハルヒ(平野綾)』
7.『JOINT/川田まみ』
8.『ヒトリノ夜/ポルノグラフィティ』
9.『Driver's High/L'Arc?en?Ciel』
10.『まっがーれ↓スペクタクル/古泉一樹(小野大輔)』
11.『倦怠ライフ・リターンズ!/キョン(杉田智和)』
●12.『Catch You Catch Me/グミ』
13.『マジックナンバー/坂本真綾』
14.『トライアングラー/坂本真綾』
15.『ノーザンクロス/May'n』
●16.『キミシニタモウコトナカレ/May'n』
▲.『そして僕は…/榊原ゆい』
★18.『悦楽カメリア/水樹奈々』
★19.『深愛/水樹奈々』
★20.『BRAVE PHOENIX/水樹奈々』
★21.『Gimmick Game/水樹奈々』
22.『Fragment?Shooting star of the origin?/茅原実里』
23.『カカシ/彩音』
24.『青空の見える丘で/橋本みゆき』
25.『Princess Primp!/橋本みゆき』
●26.『宇宙に咲く/コミネリサ』
●27.『Treasure/碧陽学園生徒会』
●28.『Pray/水樹奈々』
29.『夢想歌/Suara』

(以下、偶数番が僕、奇数番が友人になります)

30.『サクラキミニエム/yozuca*』
●31.『motto☆派手にね!/戸松遥』
32.『Special Life!/KOTOKO』
33.『ハヤテのごとく!/KOTOKO』
34.『JUST TUNE/savage genius』
35.『経験値上昇中☆/南春香(佐藤利奈)、南夏奈(井上麻里奈)、 南千秋(茅原実里)』
★36.『ETERNAL BLAZE/水樹奈々』
37.『残酷な天使のテーゼ/高橋洋子』


二人で三時間はなかなかに大変ですねwどんどん自分の番が回ってくるから、即断即決力が求められるハードな競技になりますw

今回びっくりしたのは「何故これに!?」っていうアニソンにアニメ映像が付いていること。『シャングリ・ラ』とか普通アニメ付けんだろww

あと、奈々様のライブ映像が入っていたのにびっくりしました。せっかくなので全部歌ってきましたwwギミゲは要練習だな……。


フタカラは一緒に行く人によって曲の流れが全然違ってくるのが面白いんですよね。今回はちょっと懐かしいアニソンが多めになりました。同年代だと大体オタになった時期が同じなので、2006?2009年辺りのアニソンを出すと「ああ、あれか」みたいな雰囲気になるのが楽しいですねw

ただ、もう全然聴いていない曲が大半なので覚えていないというねwプリラバでさえうろ覚えだったからなぁ……。ちょっと昔のアニソンを聴き直す作業に入るか……。

因みに、僕がフタカラに行くのはこれが四人目です。大学の友人と行くのは今回が初ですね。まあブログの方ではおなじみの奴らですが、一人目がいくら、二人目がソード、三人目が仁丹ですか。一、三人目が高校の友人で、二人目が中学の友人です。

それぞれ、一緒に行ったときの曲傾向を簡単にまとめるとこんな感じですかね。

いくら→無作為。マニアックな曲多め。
ソード→比較的最近、話題のアニメ多め。けいおん縛りなど。
仁丹→ゲーソン(エロゲソング)多め。ノリで作曲家縛り(エレガ、千代丸、I'veなど)あり。
大学の友人→比較的最近のアニメ多め(ソードよりマニアックな曲寄り?)。声優曲多め。

まあ、誰と行っても「歌手→歌手」や「OP→ED」繋がりはやりますけどねw仁丹と行ったときはそれが「作曲家→作曲家」繋がりになったりもします。てか、そういうのやらないと三時間は持たないw

あと、まあこいつもブログでは結構名前出してますが、よくカラオケに行く高校の友人にdifiがいます。そいつとはまだ行ったことないんですよね。行ったらどうなるんだろうか? JAM縛りor熱いアニソン縛りで喉崩壊フラグがビンビンな気がするww

あと大学の友人でもしフタカラに行くとしたら二人くらい可能性のあるやつがいるんですが、そいつと行ったら一人はみのりんorエロゲソング、もう一人はアニソンになりそうな気がします。まあ何にせよ、誰と行っても大丈夫なようにレパートリーは増やしておきたいですねwではまた!ノシ
スポンサーサイト

Listen!!! -続・キャラソン日和-

どうも、ロリータファッションの中では甘ロリが好き、綺羅矢的です。いや、もちろん見る方ですよ?



僕が好きなキャラソンを紹介する企画第二弾。ちなみに第一弾はこちらをご覧ください。

今回は前回よりもさらにマニアックかもしれません。知っている方はぜひ「おお、これが来たか」と納得してください。



『恋花/花園さくら(花澤香菜)&加賀しず子(小林ゆう)』
作詞:春和文
作曲:山田祐輔
編曲:佐々木裕

※動画がうpされていませんでした。

TVアニメ『会長はメイド様!』キャラクターソング。最初から動画なしってのもあれですが、なにぶんマニアックなので大目に見てくださいw

これ、一度聴いてみると分かるんですが、香菜ちゃんと画伯がA,Bメロを違う歌詞とリズムで歌うという、なかなかにフリーダムな曲ですwでも意外とオケが綺麗なんですよね。だから何度も聴きたくなります。



『i(哀) インターセクト/風斬氷華(阿澄佳奈)』
作詞:くまのきよみ
作曲:花谷拓土
編曲:馬場一嘉



TVアニメ『とある魔術の禁書目録』キャラクターソング。これが出た当時は、あすみんの中で一番好きな曲でした。後に、後述する『天空のレーヴェ』が発売されて一位からは陥落しましたが、今でも好きな曲に変わりはありません。

ピアノが主体の曲。そこにあすみんの透き通った声が重なり、切なくもどこか癒される曲に仕上がっています。「きれいなアスミス」を実感できる良曲でもありますw



『子猫たちのマルシュ/陽井雨祭(豊崎愛生)』
作詞:大島悠
作曲:中山真斗
編曲:中山真斗

(動画はなんかの音ゲーの自作譜面らしいです)

ビジュアルノベルカード『Which Witch?』キャラクターソング。すみませんね、今回はあまりにもマニアックすぎてちゃんとした動画が出回ってないんですよw僕とリアルで面識ある人なら、言ってくだされば音源提供出来ますが……。

作曲者を見て分かる通り、なんとエレガ曲です。この『Which Witch?』というのは音楽をElements Gardenが担当していて、しかも声優が素晴らしい(あすみん、スフィア全員出演etc)ということで、一部ではかなり話題になっていた作品です。

この曲はその第四弾シングル。エレガですが、中山さんが作曲ということで、ストリングスではなくブラスを主体としたポップナンバーとなっています。愛生ちゃんが生き生きしていて、聴いていて非常に楽しくなる曲です。

先ほど名前を出した『天空のレーヴェ』はこれの第一弾シングル(作曲は上松さん、編曲は菊田さん)ですね。こちらは二人の名前で大体想像がつく通り、ストリングスをふんだんに使用した、パワフルな楽曲に仕上がっています。キャラソンでこの出来とは、流石のエレガブランドと言わざるを得ません。



『Perfect affection/朝倉音姫(高垣彩陽)』
作詞:ゆうまお
作曲:Tatsh
編曲:虹音



TVアニメ『D.C.II ?ダ・カーポII?』キャラクターソング。作曲陣はゆうまおさん、Tatshさん、虹音さんという、そうそうたるメンバーです。しかも歌は歌唱力のあるあやひー、これで良曲にならないはずがありません。

おそらく僕が最初に聴いたあやひー曲、そしてTatshさん曲です。最初に聴いたときは歌唱力の高さにびっくりしましたよ。まだあやひーをそれほど知らない時期でしたからね。アニメだと何気に『VVV』や『デルトラ』で出会っているんですが、パーソナルな部分は全然知りませんでした。

アニメ関連のTatshさんの曲で有名なのは『?でわっしょい』でしょうね。僕は『sayonara jewel/yozuca*』を聴いてファンになりました。



『ひかりをあつめて/ヘイング(日笠陽子)』
作詞:WhiteFlame
作曲:WhiteFlame
編曲:塚越雄一朗



ラジオドラマ『みんなの冒険大陸カナン』テーマソング。作曲は初音ミクでもおなじみのWhiteFlame。この人のアルバム『君のいる景色』はボカロ関係のアルバムの中でも上位に位置する名盤です。

ひよっちは本当に歌が上手いですよね。そして「歌が上手い人のところにはいい楽曲が集まるの法則」を地で行くくらい、いい楽曲提供を受けています。この曲もかなりの良曲だと思います。

因みにこれ、カラオケ配信されてるんですよね。今度歌ってこようと思っていますが、こんなマニアックな曲が配信されるとは……さすが声優に強いJOY。最近は声優曲がカラオケにどんどん増えて嬉しい限りです。皆さんももっと声優曲をリクエストしましょう!w

けいおんSS・リクエスト結果(?)

どうも、綺羅矢的です。たくさんのリクエストありがとうございました。一応、リクエストが所定の数に達したので、ここでリクエストを打ち切りたいと思います。

とりあえず、リクエスト結果はこんな感じです。

・咲夜×梓で甘い話(シチュ限定なし)
・咲夜×唯で「女の子」な唯が見られる話
・咲夜×?で修学旅行話
・咲夜×梓で咲夜消失(?)話

前者二つはリク順からして確定です。で、後者二つは同一の人からのリク+所定数オーバーということで、本来なら一つしか書かないのが流儀だと思うんですが、両方とも結構面白そうなシチュエーションで書いてみたくなったので、今回は特例で二つとも受け付けたいと思います。つきましては、修学旅行話で咲夜を主に誰とくっつけたいか(全員という選択肢もあり)を教えていただきたいです。

一つ目の梓話は何となく構想は固まりました。若干ですが書き始めてもいます。ただ、大学生活が結構忙しくなってしまっているので、完成には少し時間がかかるかもしれません。しかし、一度受け付けたリクエストですから、必ず完成させて更新しようと思っているので、どうか気長に待っていただければと思います。

制作状況とかも載せていければいいですね。ではノシ

けいおんSS・今後の展開について

どうも、綺羅矢的です。そこそこ更新はしていましたが、こうやって改まった挨拶をするのは久しぶりですね。皆さま、元気でお過ごしでしょうか。

そんな前置きはさておき、先日、久々にコメントが付きました。しかもその内容は「けいおんSSを書いてほしい」というもの。

そこそこの作品数を書いていたものの、結局中途半端に更新停止となってしまったけいおんSS。それをまだ楽しみにして下さる方がいた。それはとても嬉しいことです。僕としてもなるべくリクエストにはお答えしたいと思っています。

一応、APの紬シナリオは半分くらい書き終わったのが保存してあります。ナイツオブ?の方も何となく構想は固まっています。おそらく書くとしたら後者の方が先になると思います。

ただ、まあこれまでも自己満足だったんですが、どうも最近の話は自己満足に拍車がかかっている気がして嫌なんですよね。別にプロじゃないからいいんですが、どうせなら自分も読者様も楽しめる話が書きたいと。

てことで、このブログ初、リクエストを受けつけたいと思います。そんなにコメントが付くのか知りませんが、とりあえず3つほど募集してみます。


リクエストに際する注意は以下の通りです。

1.『けいおん!』のリクエストをする際は、唯、澪、律、紬、梓、憂の6キャラに限ります。

2.『けいおん!』以外でも、もしかしたら書くかもしれません。むしろ書いてみたいかもしれません。通る確率が高いのは『Angel beats!』『会長はメイド様!』『いちばんうしろの大魔王』辺りですかね? 自分でも未知の世界なので不確定です。

3.シチュエーションも書いて下されば出来る限りその通りに書きます。基本は「甘」「コメディ」「ほのぼの」ですが、「シリアス」も可です。死ネタはちょっと無理ですが。

4.18禁はなしです。書けませんし、FC2に消されるので。

5.出来が悪くても文句を言わないでください。僕は所詮素人です。←これ重要w


まだこのブログを見てくださっている方はいるのでしょうかね? とりあえず、こんな感じでよろしくお願いします。ではノシ

【陛下P】Sound Horizon Prologue Maxi『イドへ至る森へ至るイド』感想+考察【イドイド】

【陛下P】Sound Horizon Prologue Maxi『イドへ至る森へ至るイド』感想+考察【イドイド】


メルヒェン。


昨日発売したSound Horizonの3rdマキシシングル『イドへ至る森へ至るイド』、早速借りてきました!

まさか発売日にレンタルされるとは思っていなかったのでテンション上がりましたね。TSUTAYA超GJ!

さて、そこで早速感想+考察といきたいところなのですが……前回の『Moira』の時もあまりしっかりした考察が出来ていない僕としては、そんなに深く突っ込む気はありません。というか突っ込めません。

てことでちゃんとした考察が読みたい方は、ぜひ本家の考察wikiかコミュニティの考察スレへ行ってください。僕は僕なりの視点から考察していきたいと思います。


ではまず感想から。今回収録の三曲、僕はかなり好きです。評価の高い前作『イベリア』に比べても引けはとらないと思っています。一曲目がほぼ陛下ソロなのはカラオケ的に嬉しいですねw

今回のMaxi、というか7th Storyの舞台はドイツということで、歌い手も声優もかなり『Moira』から変化しています。声優は『Roman』に戻った感じですが、歌い手はかなり変わりましたね。アイクいないし……orz

(余談ですが、僕の大学では第二外国語として中国語、ドイツ語、フランス語、ロシア語の四つが選べるんですね。で、僕はおそらく今後の実用性が一番高い中国語にしたんですが、

フラ語→『Roman』
ロシ語→『Moira』
ドイ語→『(7thアルバム?)』

ていうチャイ語涙目な展開というねwwチャイ語の歌とか絶対ないしなww最初は「サンホラが歌えるからフランス語にしよう」と思ってたんだけど……何だか負けた気分ですorz)

で、今回歌い手で一番変わったところといえば……やはり「ミク」でしょう。陛下Pは噴きましたwwなかなか綺麗に調教されてましたねww

ミクは賛否両論ありますが、僕はミクを使用することは大歓迎です。サンホラの世界にミクの声質はぴったりでしょうし、陛下との掛け合いという使い方も上手いですよね。上からの言い方で申し訳ありませんが感心しました。


さて、続いて考察にいきたいと思います。まず、僕が(というか誰もが)ビクリとしたあの言葉。唐突に紡がれた「エル」という二文字に世界中のサンホラーが驚天動地です。

後にあれは「メル」だということが判明しましたが、これは絶対に陛下が意図してやっていると思いますね。だって「魔法使い」に「○ル」なら誰だって誤解するでしょう?

ただ、メルは男なんですよね。だからエルとは全く関係がないと。もしこれが女の子だったとしたら、『エル組』の『エルの楽園[→Side E→]]』に「嗚呼...少女にはもう見えていないのだ 傍らにたわるその屍体が…」という歌詞があるので、そこと『彼女が魔女になった理由』の「視力という その概念自体 解らなかった」が若干リンクするかなと思ったんですが。まあ前者はおそらく盲目の意味の見えていないではないと思うのでこれも間違った解釈でしょうが。

まず第一に今回は舞台がドイツということなので過去作との関連はないと思われるのですが、あと一つ、これもみなさん反応したでしょうね。そう、「掘っても掘っても……」の箇所です。

これは何かしら『人生は入れ子人形』との関連があるような気がします。実は『Moira』で掘っていた穴は墓穴だったとか。それか直接的な関連はなくても、例えば「『入れ子』の掘る=希望のある“陽”の面、『イドイド』の掘る=希望のない“陰”の面」の対比とか。


あともう一つ、「陛下はミクを用いて一体何を表現したかったのか」というのも謎です。歌を歌わせるだけなら今までどおり人で十分ですからね。

僕は、表面上は「なるべく感情を抑えた歌い方をさせたかった」が濃厚だと思います。そして裏の部分では、ミクの「中の人」が関係しているのではないかと思っています。

今回、声優として藤田咲さんが参加されているんですよ。さっきぃ好きの僕としてはそれだけで歓喜なんですが、陛下はここに仕掛けを用意したのではないかと。

例えば、さっきぃのキャラクターの何らかのなれの果て(例えば感情を失ったとか、生まれ変わりとか)がミクのキャラクターで、それに陛下扮する「語り部」が昔話をしている。ちょうど『雷神の左腕』のような感じですか。それか、ちょうど『朝と夜』の緑川さんのキャラ(名前失念)と朝子・夜子の双子の関係か、シャイたんとライラみたいな関係と同じとか。

まあ結構無理のある考え方ですがね。どちらにしろ、まだプロローグなので何も分かりません。陛下が次のアルバムで一体何を表現しようとしているのか、その真意は……『“陛下-Moira-のみぞ知る”――』『……ってか?』



p.s.

Sound Horizonの新曲がデイリーチャートで2日連続1位

これはいい流れ! 同人音楽出身アーティストとして初のシングル・アルバム週間一位目指して突っ走れ!

テーマ : Sound Horizon
ジャンル : 音楽

スポーツ報知買ってきた。

“声優日本代表”スフィアがライブ3D生中継


20100615202054.jpg


サッカーよりもはやぶさよりも、今一番熱いのはスフィアだぜ!

テーマ : 声優
ジャンル : アニメ・コミック

Cagayake!BOYS -気分 down↑ & up↓-

・down

「TBSアニメフェスタ2010」先行予約落ちましたorz

去年に引き続き、今年も落選です。まあかなり競争率高いらしいから仕方ないですけどね。ツイッターのTL上でもみんな外れてましたしw

こんなにコスパの良いイベントは他にないので、ローチケの一般販売で一応頑張ってみます。おそらく数分で完売でしょうから、瞬発力の勝負ですね。中学時代卓球部で鍛えたこのフットワーク、見せてやるぜ!(笑)



・up

TOEIC-IP試験の結果が返ってきました。640点でした。

まあこれでupってのも大げさかもしれませんが、予想していたよりはかなりよかったと思います。ノルマも超えましたし、600点目指す本使って640点なら妥当でしょうw

とりあえずこれで3年次の英語は安泰ですね。まあもう少しいい点を取るために、機会を設けてちゃんと勉強しようと思ってますが。今はあのゆとり英語授業(ビデオを見て○をつけるだけの簡単な作業、中間・期末なし)を堪能させてくださいww



あと、全然関係ないんですがmixiニュースより。

7月の金曜ロードショーは“ジブリ祭り”、4週連続でジブリ作品放送へ。

僕がちゃんと見たジブリ作品って『トトロ』『ラピュタ』『千と千尋』くらいなので、この機会にちゃんと見ておこうかななんて思ってます。あ、あと『ぽんぽこ』もそれなりに見たかな。

特に『耳をすませば』を見たいんですよね。というのも、香菜ちゃん(花澤香菜さん)が好きらしいのでwwいつも原動力は声優な僕ですww

あと『魔女の宅急便』もちゃんと見ておきたいです。これは単純に興味で。DVDでも借りてこようかな?

テーマ : ヲタク人日記
ジャンル : アニメ・コミック

Fur Elise -エリーゼのために-

今日、ブックオフにラノベを買いに行ったら、ラノベではない本でそこそこの掘り出し物を発見したので買ってきました。その掘り出し物とは……。


声アニ2007年12月号


四大声優雑誌の一つ『声優アニメディア』の2007年12月号です。

僕が声アニを買い始めたのは2008年4月号からなので、それ以前の号は持っていないんですよ。立ち読みはしていたので読んだ記憶はあるのですが。

で、こうやって各地のブックオフを回っては、昔の声アニや声グラを買い集めているわけです。この前なんていいの見つけちゃったんですよ。2007年10月号なんですけど。


愛生ちゃん初期


なんと愛生ちゃんの記事が載っていたというね。まだウミショーが終わって間もない頃ですからかなり初期ですよ。これは貴重な記事だと思います。

まあ今回は愛生ちゃんより別の人物に焦点を当てましょう。皆さんタイトルでお分かりのとおり、今回の主役はそう、キタエリことオタエリこと喜多村英梨さんです。もちろんお分かりでしたよね?

僕が初めて本気でファンになった女性声優さんはあすみん、そして二番目がキタエリです。その後、香菜ちゃん、愛生ちゃんと続いていきます。この四人は2007?08年のマイフェイバリット女性声優として今でも僕の中で特別な存在です。

そして何の因果かこの号はキタエリ尽くしでしてね。何だか懐かしくなり購入してしまいました。何はともあれ、早速見ていきましょう。


こじか三人娘


一つ目は“こじか”こと『こどものじかん』の記事。ランドセル背負ってる姿が可愛いですね?。まあでも、一般論としては……隣の圭ちゃんには敵わんかな(笑)。いや、僕はキタエリの方が好きですがwでも舞太さんも含め、この三人はみんなクオリティ高いですけどね。

こじかは原作を読んでましたが、何故か4巻から全く読んでないですね。面白かったから今度ブックオフで探してみようかな。原作を読んでいたこともあり、アニメ版は見ていませんでした。規制多かったしね。

もしこのキタエリを一言で表すとしたら……「エロエリ」ですかね(笑)。だってこじかだしw下ネタもいける若手声優、それがキタエリクオリティ。


だいたんむてーき萌えロボブラボー!


二つ目は『こはるびより』の記事。これは隠れた良作だと思いますよ。ちゃんと全巻見ました。そして何より、僕がキタエリにハマった要因の一つでもあります。

僕がキタエリに興味を持ったのは『アニスパ!』の箱番組であった『喜多村英梨の超ラジ!プラス』を聴いたのがきっかけでした。実は『BLOOD+』を2クールくらい見ていたのでキタエリの存在は知っていたんですが、その頃はまだ「新人か」くらいにしか思っていなかったので。

そこで「この人面白いなw」と感じ、それから『喜多村英梨の超ラジ!』を聴いて完璧にハマったんですね。つまり、僕にとっては演技よりもトークの方が先行していたわけです。今では当たり前な入り方ですが、当時はかなり新鮮な入り方だったと思います。

そんな時、このアニメの主題歌である“あの”曲を聴きました。当時はニコニコでも祭りになりましたね?wそう、あの伝説の一曲、『エプロンだけは取らないで!』です(笑)。

これを聴いて「キタエリやるなww」となりまして、そのままのめり込んでいきました。電波曲なのに上手く歌いこなしてしまうキタエリはやっぱりすごいです。

もしこのキタエリを一言で表すとしたら……やっぱり「エロエリ」ですかね(笑)。何だろう、キタエリはエロい役ばっか受けているのだろうか?ww『とらドラ!』のあーみんもそんな感じですし。それか少年役。

僕はキタエリだと断然少年声よりこういう可愛い声が好きです。『こはるびより』のゆい然り、『CHAOS;HEAD』の梨深然り、『Angel Beats!』の……あ、これもユイじゃん。おお、偶然の一致。

まあキタエリの強みはその二つを使い分けられることなんですけどね。演技力高いし、仕事が多いのも納得な気がします。本当、声優アワードの新人賞を取れなかったことが悔やまれる……。


キタエリトレカ


そして三つ目は、昔の声アニの恒例付録だったプレミアムカード。正直欲しい声優さんのはそんなにありませんでしたw中堅声優さんが多いんでね。戸松くらいかな、ちょっと気になったのは。

どうなんでしょうね。僕は昔の薄い茶髪だった頃のキタエリが一番好きですが。旧カレイドスコープの宣材写真のキタエリは今でも神だと思ってます。あのキタエリは可愛すぎる。フード被ってるverは吐血物ですよ。キタエリペロペ……いけない、つい暴走しそうになってしまった。


最近は本当に遭遇率が減りまして、ラジオは超ラジを聴いていないのでSSSくらいでしか出会ってません。またキタエリ熱が復活する日は来るんでしょうかね。年月と自分の心の移り変わりの激しさに、少し寂しくなったりもします。

一方であすみん熱は衰えることを知りません。香菜ちゃん熱は少しづつ復活してきました。愛生ちゃん熱は少し落ち着いてきましたね。そう考えるとやっぱりあすみんは自分の中で特別な存在なのかなと感じます。

あすみんがいなかったら今の若手女性声優好きな僕はいなかったと言っても過言ではないですからね。こんなに恐いことはないですよ。特に理由はないですが、僕は自分が声オタでよかったと思っていますし。まあお布施が半端ないんですがww

ああ、何でもいいから声優イベントに行きたい……。TBSアニメフェスタ、当たんないかなぁ……。

テーマ : 声優
ジャンル : アニメ・コミック

LOVE.EXE -はるこに捧げるロマンス-

2010年6月5日、ヲタ芸イベント『LOVE.EXE』に参加してきました!


僕にとっては初のオールナイト&ヲタ芸イベントということで、最初は参加するかどうか迷いました。しかしまあサークルの先輩も同輩も行くし、ヲタ芸イベントなんてこの期を逃したら絶対に行くことがないと思われるので、いい経験だと思い参加することに決めました。

サークルからの参加人数は6人。僕以外は一応全員ヲタ芸経験者なのかな。ビハインドを感じつつも、とりあえず楽しもうという気持ちでした。

僕たちが参加した第二部の開始時刻は夜の9時半でしたが、第一部のライブの後片付けに時間がかかったのか、9時半ぴったりに入場は出来ませんでした。まあ遅れたのは5分くらいだったので支障はなかったと思いますが。

入場したときにかかっていたのは『ロミオとシンデレラ/doriko』でした。おそらく僕が二回目の参加だったらいきなり打っていたでしょうねwdorikoさんは特に好きなボカロPの一人です。ボカロの話はまた後々していこうかなと思っています。

とりあえず何も分からない僕は先輩方に続いて荷物を置く陣取り、弾薬・タオルの装備などを進めていきます。そして準備が粗方整い、いよいよ人生初のヲタ芸です。

初打ち曲は何だったか忘れましたwワイズマンがかかってたけど、あれはおそらく見てただけだからなぁ……。まあ、最初は後ろの方でひっそりと、前の人たちの見よう見まねで打ってました。OADとロマンスはテレビなどでも何度か見ていたおかげかすぐ覚えられましたね。

ロザリオも時間はかかりましたが何となくの形は見よう見まねで分かりました。サンダースネークは先輩にご教授いただくまで全く分かりませんでしたw正直、今でも合っているのか分かりませんw初心者には難しいですよ、あれww

そして、DJ側の方に戸松命の方がいたらしく、序盤で『風をあつめて/スフィア』と『Counter Attack/戸松遥』がかかりました。『Counter Attack』を選曲するところが分かってますねwまだ序盤だったので最前列に特攻はしましたがステージには申し訳ないので乗りませんでした。もし次回参加する機会があったらぜひ乗りたいと思いますw

あと『嘆きノ森/彩音』と『Tears Infection/KAORI』の千代丸曲も特攻しましたw特に後者は今回二番目に本気出したかもしれませんwちよまらーとしての血が騒ぎましたww

あと前(あるいは真ん中)に出たのは『ニセモノ/Friends』『黄昏の賢者/Sound Horizon』『もっっと!/野川さくら』『さくらさくら咲く?あの日君を待つ 空と同じで?/marble』辺りですかね。基本、極端に前に出たい人が多い曲と被らないので、御三家+モモーイ、みのりん、新谷さんとかと比べればスペースがあって打ちやすかったです。

そう、その辺の人の曲は本当に凄い。みんなUO折りまくりですからね。僕は途中から手打ちでしたが(まあ手打ちでも十分だと思いましたが)やはりUOは十分に準備しておいた方がいいですね。スフィアライブだとウルトラ系はそんなに折らないからなぁ。折ってもUB(スパノバ)とかUG(愛生ちゃんソロ)だし。

それから、途中のリクエストコーナーで吉本のアレがかかったときは噴きましたwwあと、DVDコーナーの『ロマンス/PENICILLIN』ねwあれは定番なんでしょうか? 何となくそんな気はしますがw

そしてラスト30分くらいで『Treasures!!/スフィア』がかかったときは「キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!」状態でしたねwwまだ不安でしたが最後ということでステージ上で全力を出しました。スフィアTシャツ+タオルを装備していった甲斐があった……!

最後の『LOVE.EXE』全員打ちは凄まじかったです。あの一体感はライブに通ずるものがありますね。これがオタの力か……!?


終了時にはみんなクタクタでしたね。今これを打っている(書いている)最中は絶賛筋肉痛ですww

何といっても熱い。そして汗が止まらない。3キロくらい痩せたんじゃないかなぁ……。暗黙の了解らしいですが、これは飲み物がないと本気で死にます。ポカリの最強さを思い知らされました。あとお茶が美味い。

でも、今回このイベントに参加してよかったと思えるくらい楽しかったのは本当です。知っていたようで知らなかった世界を知れた、そんな感じ。まあまだまだ初心者なのに変わりはないんですが。

流石にライブで打つことはしませんが、仲間がいればカラオケとかこういったイベントで盛り上がれますしね。ヲタ芸の世界、なかなか奥深いものだ……。

テーマ : イベント
ジャンル : サブカル

Nyan Nyan Paradise -アニメの街、エロゲの街-

どうも、完全にブログを放置している綺羅矢的です。すみません、色々と忙しくてこちらまで手が回らないんですよ。今回もmixiの転載ですし。あちらはリアルでの知り合いが多いですからね。ネタも豊富にあるんですが。まあgdgdでもよろしければ今後もどうかお付き合いください。

あ、でも明後日か明々後日は書くことあるかもしれません。人生初の“あること”に挑戦してきます。記事をお楽しみに!w



【Nyan Nyan Paradise -アニメの街、エロゲの街-】


二限終了後に偶然にも大学の友人と会いまして、なんか自分が秋葉行くって言ったら彼も行きたいって言ったので二人で秋葉に繰り出してきました。

夕方からの天候に若干の不安を抱えていたので時間に注意しようと思っていたのですが、向こうに着いてみると雨なんて全く心配のないような快晴。まあ結局帰るまで(正確には帰ってからもずっと)降らなかったんで、嬉しいような悲しいような微妙な気分です。

まあ天気の話は別にいいですね。いや、特にそれ以外に話すこともないんですけど。秋葉行っただけですし。

とりあえずゲマズでサイリウムを購入。金もないのでスパノバ用に大閃光(青)×1と、あと万能な大閃光(オレンジ)×2だけですが。

それから日高屋でちょっと遅めの食事(2時20分くらい)。秋葉行く前に演習室でLaTeXに四苦八苦してたら40分くらい経ってましてね。結局出来なかったんですが。

あ、でも家に帰って自分でインストールだ何だやってたら出来ました。そこそこ評価付きそうな出来なんでよかったです。とりあえず言わせてくれ。Windows最高。

閑話休題。大体秋葉に来たら昼はここで食べてます。安いからね。入り口に割引券置いてあるのに帰り際店員から割引券を渡されるという珍事に頭を悩ませながら店を出ます。割引券は入り口にあるカゴヘ戻しておきました。何と親切な客だろうか。

後はまあ適当に店を周りました。リバティーとか、MADとかいう怪しい店とか、裏路地とか、ソフマップエロゲー館とか、ゲーセンとか。改めて歩いてみると、秋葉って本当に多様な店があって面白いなぁと感じましたね。あと、エロゲーってこんなにあったんだ、と感動しましたw

誰かと一緒に秋葉へ行くのは久しぶりだったので楽しかったです。また機会があったら行ってみたいですね。

余談ですが、この日記を書いている最中「秋葉(あきば)」って打とうとして危うく「愛生(あいなま)」と打ちそうになることが数回ありましたw嬉しいような悲しいような微妙な気分ですww



おまけその1。店頭にあった……。


サイフラアアアアアッシュ!!


サイバスター! これはかっけえ! 街を歩いていたら『ラ・ギアスの風』がどこからともなく聴こえてきたので、「ん?」と思って振り向いたらありましたw『魔装機神』欲しいなぁ……。バイトして金が入ったら絶対に買いますよ!



おまけその2。虎穴で偶然発見。


天使の横顔


愛生ちゃんの特大宣伝ポスター! 握手会行きたかった……。



おまけその3。エロゲのチラシより。


またバンドか


またバンド物か。そういうのはオーバードライブに任せとけよ……、と思いつつ中を見ると、


エロエロあずにゃん


なんとあずにゃんが攻略可能らしいです。しかもキーボード(正確にはKeyboadという新種の楽器)。これは熱い。やりたくなってきましたw

あと、公式で曲が無料配信されていたので聴いてみたんですが、これが意外と良曲でしてね。ギターにa2cさんという知っている名前が載っていたので調べてみたところ、「i.o.sound」という『StarTrain/遊女』とかを作った人たちらしいです。仁丹(僕の友人)なら知ってるだろうが、あいつmixi見てないしなぁ……。停滞中のブログに転載するか。

まああずにゃん攻略したい方は買ってみてはどうでしょうか。そして僕に貸して下さい(笑)。ではノシ

テーマ : ヲタク人日記
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

綺羅矢的

Author:綺羅矢的

好きなもの
【声優(個人)】
☆石原夏織さん
☆豊崎愛生さん
☆阿澄佳奈さん
☆花澤香菜さん
☆内田真礼さん
★保志総一朗さん
★藤原啓治さん
★中村悠一さん
★杉田智和さん
★細谷佳正さん
and more...

【声優(ユニット)】
☆スフィア
☆ゆいかおり
☆μ's(ラブライブ!)
and more...

【声優(楽曲)】
☆水樹奈々さん
☆茅原実里さん
★GRANRODEO
★鈴村健一さん
and more...
ツイッター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
新アクセス解析
リンク
○友人ブログ・サイト○
鮭缶メモリアル
Author:いくら+
木偶の坊になりたくはない!!
Author:仁丹

◆相互リンクブログ・サイト様◆
声優好きのつぶやき
Author:こじこじさん
ゆったり日記情報局(仮)
Author:setsuna1242さん
ひだまりびより!
Author:ふうりんさん
happy moment
Author:桜井悠一さん
Harmonics
Author:ラフ・メイカーさん

□素敵ブログ・サイト様□
ムファッサでほっこり~♪
Author:RIOT様
GONTAのぶらぶら日記
Author:GONTA様

★声優さんブログ様★
阿澄日和
→阿澄佳奈(あすみん)公式ブログ
あきまつり
→豊崎愛生(愛生ちゃん)公式ブログ
マジP!
→間島淳司(マジー)公式ブログ
みなころび八起き
→寿美菜子(美菜ちゃん)公式ブログ
おさとう缶。
→佐藤聡美(しゅがりん)公式ブログ
Strawberry Candy
→竹達彩奈(あやにゃん)公式ブログ
※後日追加予定

◎各社公式サイト様◎
ミュージックレイン
Pl@net sphere
豊崎愛生アーティストサイト
※後日追加予定
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク