All night Japan -宴の後-

どうも、今度リポビタンDを飲んでみようかと思っている綺羅矢的です。最近バイトから帰ってくると疲れて何もせずに寝ちゃうんですよね。中間も近いんで気合入れないと。

さて、先週の土曜日は大学のサークルで新歓も兼ねた飲み会がありました。といっても新入部員は6、7人しかいなかったので、結局代わり映えのしない面子が集まってしまったんですがw

参加人数は17人前後と、そこそこ大人数での飲み会になりました。大規模な飲み会は久々だったんですが、やはり趣味が似ている人と飲むのはいいですね。バイトの先輩と飲むのも楽しいんですが、オタ同士だと話題に事欠かないのが嬉しいです。

飲みの後は二次会としてカラオケへ行きました。オール組と終電組に分かれたんですが、僕はオール組でした。人数は6人と、まあ妥当な人数でしたね。次の日がTOEICな一年生を巻き込んでしまい本当に申し訳なかったですw合格点が取れていることを祈って。

で、僕はそこでも例のごとく声優の曲を歌いまくっていたんですが、一応そこそこメジャーな曲は選んで入れていたと思います。おそらく。自信ないけど。入れてもアルバム曲止まりだった気がします。



やっぱりガチでマニアックな曲は歌い辛いじゃないですか。そういうのはヒトカラで歌うことにしているので。ということで今日の午後にヒトカラへ行ってきました。DAMで3時間。

そこで「これ配信されてるの!?」って曲をたくさん見つけてしまいましてね。一人でテンション上がってました。とりあえず曲リスト。



ハナノイロ / nano.RIPE
Hazy / スフィア
夢ノート / azusa
天使のCLOVER / 愛美

キミが太陽 / スフィア
クライマックスホイッスル / スフィア
Now loading...SKY!! / スフィア
渚のSHOOTING STAR / 戸松遥
覚醒フィラメント / 茅原実里
本当だから困るんだ / スフィア
Treasures!! / スフィア

小指のパラドックス / Zwei
Strawberry~甘く切ない涙~ / 今井麻美
Starting again / 保志総一朗 as KANE BLUERIVER

春風 SHUN PU / 豊崎愛生
Dill / 豊崎愛生
ソラソラ☆あおぞら / 豊崎愛生
ぼくを探して / 豊崎愛生
何かが空を飛んでくる / 豊崎愛生
love your life / 豊崎愛生

Gun's & Roses(休憩用BGM) / Paradise Lunch

My Secret / 水野佐彩
Shining Days / 鮎沢美咲 starring 藤村歩
Magic of Love / 美咲・さつき・ほのか・すばる・エリカ starring 藤村歩・豊崎愛生・阿澄佳奈・植田佳奈・伊瀬茉莉也
Automatic analyzer / 坂崎嘉穂(寿美菜子)
コイノシルシ feat Ayumi / 高原歩美 starring 竹達彩奈
Punctuation! / 松隆奈々子(花澤香菜)
Perfect affection / 朝倉音姫(高垣彩陽)
お先にシルブプレ / 彩井高校 GA girls
世界で一番ヤバイ恋 / 乱崎千花(戸松遥)
iインターセクト / 風斬氷華(阿澄佳奈)

瓦礫の終音 / 少女病
澪音の世界 / Sound Horizon

By MY PACE!! / スフィア
Super Noisy Nova / スフィア
サヨナラSEE YOU / スフィア
A.T.M.O.S.P.H.E.R.E / スフィア



最後の方に怒涛のキャラソンタイムがあったんですが、そこでメイド様のキャラソンやらコイノシルシのソロverやら変ゼミの主題歌やら、配信されていないと思っていたものを次々と見つけてしまいましてね。フィーバータイムですよね。

次にカラオケ行くときは6/5以降にJOYかな。なぜならHazyのPVが配信されているから。来週はバイトが(面談だけの日もあるけど)月火水木金で入りそうなんでカラオケ行ってる暇はなさそうです。中間もあるしね。ではノシ
スポンサーサイト

テーマ : ヲタク人日記
ジャンル : アニメ・コミック

連載企画:『こえうた。』Track.08「水樹奈々(TYPE:ULTIMATE)」

先週は作者多忙のためお休み致しました、毎週(隔週)連載企画『こえうた。』。第8回目の更新にしてついに、アイドル声優界の大御所にスポットを当ててしまいます。

奈々様の曲なんて今さら紹介しなくても知ってるよ、という方も多いとは思われますが、これだけの曲数を歌っている声優さんはそうそういないので絶好のネタなんです。むしろネタ切れがちか……いやいや、そんなことはないですよ?

しかしそうはいってもさすがに曲数が多すぎます。そこで今回は7thアルバム『ULTIMATE DIAMOND』に収録されている15曲の中からランク付けを行っていきます。具体的には以下の15曲です。


01.『MARIA&JOKER』
02.『悦楽カメリア』
03.『PERFECT SMILE』
04.『Trickster』
05.『Mr.Bunny!』
06.『沈黙の果実』
07.『Brand New Tops』
08.『少年』
09.『Gimmick Game』
10.『Dancing in the velvet moon』
11.『ray of change』
12.『深愛』
13.『青き光の果て-ULTIMATE MODE-』
14.『Astrogation』
15.『夢の続き』


この15曲を僕が好きな順番に1位から7位までランク付けしました。もちろん意図あっての「7位」ですよ?(笑)。ではどうぞ!





7位『PERFECT SMILE』



アルバム『ULTIMATE DIAMOND』収録曲。作詞・作曲・編曲は伊藤寛之。

全体的に激しかったり悲しかったりする曲が多いアルバムの中で一際爽やかな曲です。軽快なピアノのリズムが心を踊らせます。



6位『沈黙の果実』



アルバム『ULTIMATE DIAMOND』収録曲。作詞・作曲はしほり、編曲は天羽蓮花。

曲頭で編曲者が分かる曲です(笑)。この鬼畜ストリングスはどう考えてもElements gardenの上松さんしかあり得ないですよね。しかし、編曲者の欄に書かれているのは「天羽蓮花(あもう・れんか)」という謎の人物でした。

このアルバムが発売された当時は、某大型掲示板や個人ブログで様々な考察が行われていました。その中でも僕が一番納得のいく考察は「エレガと他の人物の連名」というものでした。

結局、この曲以降「天羽蓮花」名義での編曲は行われていないので、その正体は今も謎に包まれたままです。余談ですが、「天羽蓮花」でググると僕のブログが一番上に出ます(笑)(※1)。



5位『Trickster』




18thシングル『Trickster』表題曲。作詞は水樹奈々、作曲・編曲は上松範康(Elements Garden)。

上松さんがお家芸であるストリングスを封印して作・編曲した珍しい一曲です。初めて聴いたときは「ストリングスがない!?」と仰天しました(笑)。

力強いギター、ベース、ドラムの3ピースが織り成すロックサウンドが非常に格好いいです。音が薄いだけボーカルの上手さも引き立っています。

アニメイトTVのインタビュー記事(※2)にも記載されていますが、この曲は数ある曲の中から奈々様が上松さん作曲だと知らずに選んだそうです。確かこむちゃのゲスト回でもそんなことを言っていた気がしました。まさに「神のいたずら」ですかね。



4位『青き光の果て-ULTIMATE MODE-』



アルバム『ULTIMATE DIAMOND』収録曲。作詞は辻純更、作曲は松井俊介、編曲は藤間仁(Elements Garden)。

原曲が大好きだったので、この曲が急遽差し替えられた(※3)ときは申し訳ないですが嬉しかったです。『COSMIC LOVE』もカラオケでよく歌う曲なので捨てがたいですが。

原曲はTVアニメ『AYAKASHI』のキャラクターソングです。奈々様の場合は「キャラクター」ソングという感じはしないので、そこに難癖を付ける方もいらっしゃるのですが、僕はむしろその路線で行ってほしいと思っている一人です。

「キャラクターソング」が聴きたいのはアニオタで、「声優ソング」が聴きたいのは声オタなんだろうなと思っています。その線引きをしていいのかは難しいところですけどね。



3位『Astrogation』




17thシングル『STARCAMP EP』収録曲。作詞はHibiki、作曲・編曲は陶山隼。

その名の通り「宇宙」をイメージした曲です。曲を聴いただけでここまでイメージが膨らむ曲も珍しいです。改めて作曲家という人種の凄さを思い知らされました。

曲の近未来的な雰囲気も好きなんですが、僕は歌詞(作詞はおなじみのHibikiさん)もお気に入りです。「アダムとイブの軌跡を追う」「Shining love & Garaxy」とか、どんだけ壮大な恋愛なんだと(笑)。宇宙規模の愛というのはロマンチックですね。

そしてこの曲の真髄はPVでしょう。あまり他のPVを見たことがないのに断言するのもなんですが、このPVに登場する奈々様は群を抜いて可愛いと思います。ストレートでセミロングな髪型がどストライクです。まだ見たことがないという方、必見ですよ!



2位『少年』



アルバム『ULTIMATE DIAMOND』収録曲。作詞・作曲は矢吹俊郎、編曲は矢吹俊郎・大平勉。

『少年』というタイトルなのに、歌っているのは「大人」の葛藤。年を重ねれば重ねるほど、この曲の言わんとすることが心に突き刺さるのではないでしょうか。Wikipediaの項目に「スタッフから人気の高い曲」という記述がある(※4)ことからも、その意が伺えます。

奈々様への曲提供の中心がエレガへと移り変わった今でも、矢吹さんの曲は変わらないですね。どこか懐かしいコーラスとイカしたブラスサウンドの「矢吹節」は永遠に不滅です。

同じように「少年」という主題を歌った曲では『少年期/武田鉄矢』が有名ですね。この曲も人気の高い名曲です。「あの頃に戻りたい」という心の奥の思いが、知らず知らずのうちにこうした曲を求めているのかもしれませんね。



1位『深愛』

http://www.youtube.com/watch?v=ePVJdev77Gw&feature=related(キングレコード公式動画のため埋め込み不可)

TVアニメ『WHITE ALBUM』OPテーマ。作詞は水樹奈々、作曲は上松範康(Elements Garden)、編曲は藤間仁(Elements Garden)。

2位の『少年』と迷いに迷いましたが、1位はやはりこの曲しかありませんでした。200曲を超える奈々様の持ち歌の中でも、人気・知名度・作品の出来、どれをとっても代表曲と言える名曲です。

アニメ作品のコンセプトに合わせた郷愁感ただよう曲調に、彼女の歌い方が見事にはまっています。上松美香さんが演奏するアルパの音色もその世界観を創り出すのに一役買っています。

この曲は奈々様が「NHK紅白歌合戦」に声優として初の出場を果たした時に歌った曲でもあります。この曲は比較的高齢の方にも受ける曲だと思いますが、いつの日か『Eternal Blaze』を歌ってお茶の間を騒然とさせる瞬間を見てみたいですね(笑)。期待しています!





今回は趣向を変えて、シングル曲は全てPVの動画を載せてみました。裏の事情を話すと、ただ単に曲だけの動画が見つからなかっただけなのですが(苦笑)。では!ノシ

次回、『こえうた。』BonusTrack.01「保志総一朗」、お楽しみに!



(注)
※1……(2011年5月23日現在)
※2……(アニメイトTVニュース)
※3……水樹奈々ニューアルバム、作詞家の逮捕で発売延期に(ナタリー)
※4……Wikipedia「矢吹俊郎」

テーマ : 声優
ジャンル : アニメ・コミック

連載企画:『こえちゃんねる ~声優メイゲン板~』1スレ目

どうも、昨日突然高熱に襲われた綺羅矢的です。多分バイトでの過労でしょうかね。まだ喉が痛いですが、とりあえず熱は下がりました。ご心配をおかけしました。

さて、そんな綺羅がお送りする2つ目の新企画、『こえちゃんねる ~声優メイゲン板~』です。今年は新企画イヤーということで、いろいろな企画を考えていきたいと思っています。最初は不定期更新にしようと思っていたんですが、比較的更新が簡単そうなので、毎週木曜日更新にしたいと思います。続けばいいですね(他人事)。

企画の概要を軽く説明しますと、主に「ラジオ」で声優さんが発言した何気ない一言を紹介したり掘り下げていこうという企画です。過去のラジオから現在放送中のラジオまで、様々なものを取り上げていきます。

また、皆様が「これは!」と思う発言があれば、ぜひ教えていただけると企画としても活性化して嬉しい限りです。情報提供をぜひよろしくお願いしますm(_ _)m





さて、記念すべき第1回目の更新ということで、何を取り上げようか迷ったんですが、やはりなるべくメジャーな方がいいのではないかと思い、今回取り上げるのはこのメイゲンです!



「えっ、トナカイっているんですか!?」伊藤かな恵
(『とある“ラジオ”の超電磁砲』第12回より)



これは有名すぎて誰もが知っているとは思いますが、コンセプトを理解してもらうためにはちょうどいいのではないでしょうか。ニコ動タグの「トナ回」はきっとどこかで見たことがあるでしょう。

元々『伊藤かな恵の超ラジ!Girls』などでおバカキャラとして扱われていたかな恵ちゃんですが、この一言がその立ち位置に拍車をかけましたね。断っておきますがdisってるわけではないですよ。

ちなみにこの発言に関連したメイゲンを、この発言後の10分間でたくさん残しているので、まだ聴いたことがないという方はぜひ聴いてみてください。かな恵クオリティを味わえますよ。





この勢いでもう一ついっちゃいましょう。こちらも有名ですが、このメイゲンです。



「なんとも思いませんでした」寿美菜子
(『うみものらじお ~あいしてる!~』第2回より)



あすみんのボケに対して美菜ちゃんが放ったメイゲン。これも超有名なメイゲンですよね。単体では何気ない迷言の一つですが、これが「次に繋がる」という点においては近年稀に見る偉大なメイゲンです。

この発言によって後に同ラジオ内で「寿ホール」という造語が作られ、今や美菜ちゃんといえば「寿ホール」といっても過言ではないくらいに浸透しました。「ホールした」という動詞形もあります。

「寿ホール」はあまりに数が膨大すぎるので、詳しくはニコニコ大百科のまとめをご覧ください。興味があればラジオ本編も聴いてみてください。





初回から飛ばしすぎな気もしますが、何となく企画意図は掴んでいただけたでしょうか。次回からはもう少しマイナーな発言を選んでいきたいと思っています。情報提供もお待ちしております。ではノシ

テーマ : 声優
ジャンル : アニメ・コミック

連載企画:『こえうた。』Track.07「戸松遥(Ultra Orange Side)」

20110509094716.jpg


今回も画像を載せてみました。出典は『声優アニメディア』2009年9月号「ハルカモード【#2】」より。



『こえうた。』も第7回目の更新となりました。定期更新でこんなに続いているのは珍しいです。ネタ切れになるまで続けていきたいですね。

前回に引き続き戸松の曲を紹介しますが、今回は「Ultra Orange Side」と称し、以下の10曲を対象としています。


『REWIND』
『motto☆派手にね!』
『Re:Motion』
『Girls, Be Ambitious.』
『自己中男』
『Circle』
『Counter Attack』
『渚のSHOOTING STAR』
『星のステージ』
『Baby Baby Love』


基本的にアップテンポな曲をまとめていますが、前回との曲数の兼ね合いで一部スローテンポな曲も混ざっています。そこはご了承ください。では、どうぞ!





5位『Girls, Be Ambitious.』



TVアニメ『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』EDテーマ。作詞は磯谷佳江、作曲・編曲は日暮和広。

5thシングルですね。作品が一応軍隊モノでトランペットが重要な鍵を握るストーリーとなっているので、曲もマーチングバンドで演奏されるような構成になっています。

『Music Rainbow 01』(※1)でもラストに歌われるくらい盛り上がる曲で「これぞ戸松遥!」みたいな曲だと思います。一番好きなのは「らーらーらーらー」のところです(笑)。



4位『自己中男』



1stアルバム『Rainbow Road』収録曲。作詞・作曲・編曲は古川貴浩。

この曲は一番インパクトがあったかもしれません。この曲をアルバムの一番初めに置くという試みが面白いです。最初じゃないと成立しない気もしますが。

この歌詞と曲調は一度聴いたら忘れられないです。特に「たーったたららら」の部分が好きです。あれ、なんかさっきからコーラスばっかだな(笑)。



3位『Circle』



1stアルバム『Rainbow Road』収録曲。作詞はemmy、作曲・編曲は田中隼人。

純粋な良曲(?)ですよね。どの楽器も主張しすぎず遠慮しすぎず、非常に上手く引き立てあっています。聴き心地のいい曲です。

アルバム曲だし地味な印象を受けますが、『Rainbow Road』発売記念ライブ(※2)でも先述した『Music Rainbow 01』でも歌われていますし、意外と人気高いんですかね? そうなら嬉しいです。



2位『Counter Attack』



1stアルバム『Rainbow Road』収録曲。作詞は古屋真、作曲は若林充、編曲は高橋浩一郎。

僕がこのアルバムを最初に聴いたとき、一番好きだなと感じたのがこの曲でした。多くは語らないのでとにかく一度聴いてみてください。

後に“ヲタ芸”なるものを知ってから、この曲が完全なる打ち曲(※3)だということに気が付きました。僕が初めて行ったヲタ芸イベント(※4)でも流れましたし。

『Music Rainbow 01』の始めで流れたと聞いたときは行かなかった(正確にはチケットが取れなくて行けなかった)ことを激しく後悔しました。今度のツアーは横浜だけですが参戦します!



1位『motto☆派手にね!』



TVアニメ『かんなぎ』OPテーマ。作詞は辛矢凡、作曲・編曲は神前暁。

誰かに「戸松遥の代表作は?」と質問されたら、僕は「『かんなぎ』のナギ」と答えます。ということで、やっぱりこの曲が思い入れの面でも圧勝ですね。

mixiの方でちょっと自己満な企画を始めたんですが、それで苗字に使用したのもそんな理由です。あやひーだったら音姉、美菜ちゃんだったら夏音、愛生ちゃんはちょっと違うんですけどね。愛生ちゃんは……まあ、遺憾ながら唯と言うしかないでしょう。

そういえば、全然関係ない話ですが、僕が戸松のことを戸松と呼び捨てにするのは別に嫌いなわけではなく、香菜ちゃん(花澤香菜)がそう呼んでいるからです。井口(井口裕香)のことを呼び捨てにするのもあすみん(阿澄佳奈)の影響です。まあつまり、愛ですね、愛(え





さすがに二週連続だと書くことがなくなりますね(笑)。一つに纏められればいいんですが、分量の関係で結構難しかったりします。ではノシ

次回、『こえうた。』Track.08「水樹奈々(TYPE:ULTIMATE)」、お楽しみに!



(注)
※1……スフィアの4人が2人ずつに分かれ、2011年1月29日・30日の2日間で行われたライブ。著者は30日に開催された『寿美菜子のMusic Rainbow 01』のみ参戦した。
※2……JCBホールで行われたミニライブ。1stアルバム『Rainbow Road』に応募券が同封されたいた。著者はアルバムは買ったが応募はしていない。
※3……ヲタ芸を打ちやすい曲。アップテンポな曲や電波ソングに多い。ライブではヲタ芸を打つことは禁止とされている場合が多い。
※4……2010年6月5日に行われた『LOVE.EXE★そのろく!』というヲタ芸イベント。その名の通りヲタ芸打ち放題の現場系イベントである。

テーマ : 声優
ジャンル : アニメ・コミック

ハッピーバーしゅがー!

20110508124712.jpg


しゅが、お誕生日おめでとう!


今年はしゅがの新たな魅力を(p_^)はっ(p_q)けん\(^o^)/デーン

テーマ : 声優
ジャンル : アニメ・コミック

連載企画:『こえうた。』Track.06「戸松遥(Normal Orange Side)」

20110502215921.jpg


今回は本編開始前に何となく載せてみました。画像は『声優アニメディア』2010年5月号「ハルカモード【#10】」より。



つい30分前くらいにレビュー部分を書き終わりました。ここまでギリギリになったのは初めてですが、なんとか今回も更新できそうで一安心です。

さて、今回と次回は戸松の曲を紹介するんですが、少し分け方が特殊なので先に説明を。今回は「Normal Orange Side」と称して、「戸松遥の個人名義」で出した曲の約半分からランキングを付けています。

「Normal Orange Side」では、以下の11曲を対象としています。分け方は独断と偏見ですが、基本的にスローテンポな曲をまとめています。


『naissance』
『パズル』
『シアワセサガシ』
『産巣日の時』
『記憶の景色』
『こいのうた』
『未来時計』
『七色みちしるべ』
『Rainbow』
『Star☆Tripper』
『やさしき日々』


この中の上位5曲を紹介しています。なお、今回はすべて「戸松遥」名義なので、歌い手の欄を省略しました。では、ランキングをどうぞ!





5位『記憶の景色』



3rdシングル『産巣日の時』カップリング曲。作詞は古屋真、作曲は石松領平、編曲は大西省吾。

今回の「Normal Orange Side」では前述したとおりスローテンポの曲やバラードを取り上げているんですが、戸松って元気っ子なイメージに反してこちらの方が多く歌ってるんですよね。僕は戸松推しの友人に指摘されて「言われてみればそうだな」と気が付きました。

この曲はタイトルの通り、子どもの頃に見た「記憶の景色」を大人になってから辿るという曲になっています。僕が特に注目したいのが、2番Bメロの「大切な一歩を悔やんだりしてない」という歌詞の歌い方です。それまで切なげな歌い方だったのに、ここで少し笑顔が混ざるんですね。なかなかの表現力だと感じました。

タイトル曲の『産巣日の時』はこれまでに戸松が歌った曲の中でもかなり特殊な曲ですが、聴けば聴くほどその独特の世界観に引きこまれてきます。PV(※1)も合わせてどうぞ。



4位『シアワセサガシ』

(リンク先は動画サイトです)

2ndシングル『motto☆派手にね!』カップリング曲。作詞は古屋真、作曲・編曲は渡辺未来。

良曲なのに意外と知られていない気がします。『かんなぎらじお』のテーマソングとして使用されていました。同ラジオで僕はあの有名な「牛乳納豆茶漬け」(※2)を知った気がします(笑)。あと、香菜ちゃん(花澤香菜さん)の壮絶な子供時代も(笑)。

落ち込んだ時に聴くと元気が出る曲です。サビのメロディーが素敵で思わず口ずさみたくなります。戸松の声質にマッチしているので幸せな気持ちになれますね。

余談ですが、今回はすべて「個人名義のソロ曲」を選んでいるので、カップリング曲やアルバム曲が多くなり、従ってニコニコ動画にうpされていないものが多いです(笑)。気になった方は原盤を買いましょう!



3位『naissance』



TVドラマ『ここはグリーン・ウッド ~青春男子寮日誌~』EDテーマ。作詞は野口圭、作曲は田中隼人、編曲は馬場一嘉。

戸松が個人名義で発売した最初のシングルです。今思えばCDを買っておけばよかったなと少し後悔しています。この頃からミュージックレインでは愛生ちゃん推しと決めていたので、戸松はなんとなく買いづらかったんですよね。

この曲で一番印象に残るのは、やはりイントロ・アウトロの「遠い星の下~」の部分でしょう。太陽が燦燦と降り注ぐ並木道を歩いているような、のどかな休日の景色が目の前に広がってきます。

ちなみに、「naissance」はフランス語で「誕生」という意味があります。この曲が歌手・戸松遥を生み出したのですね。そしてそれをイメージしたのかどうなのか、PV(※3)は「PVの製作現場をそのままPVにする」という珍しい構成となっています。衝撃的なラストを見逃すな!



2位『未来時計』

(リンク先は動画サイトです)

5thシングル『Girls, Be Ambitious.』カップリング曲。作詞は古屋真、作曲は川端良征、編曲は馬場一嘉。

今までの曲とは違い、かなり悲しげな雰囲気をまとった曲です。ピアノの旋律と戸松の飾らない歌い方との相乗効果で胸がきゅっと締め付けられる、でもなぜか何度も聴きたくなってしまう。そんな名曲です。

「未来時計」というネーミングも素晴らしいですよね。どこか神秘さを兼ね備えていて、しかしよく考えてみるとその意味が伝わってくる。改めて「時間」という概念の尊さを教えられました。

そういえば、5位の『記憶の景色』、4位の『シアワセサガシ』、そして2位の『未来時計』、これ全部同じ方が作詞されているんですよね。僕の大好きな『ライラック/寿美菜子』(※4)や、諸事情によりまだ言えませんがあんな曲も作詞されているので、僕と相性がいいのかもしれません。



1位『こいのうた』



TVアニメ『神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS』EDテーマ。作詞・作曲は荒巻修久、編曲は齋藤真也。

今回の1位はいつもと違いかなり激戦区でした。3位と2位との3曲でどれを1位にしようか迷いましたが、最後に勝ち残ったのは、僕がカラオケでよく歌うこの曲でした。おそらく戸松の曲では一番多く歌っています。

以前に別の曲で同じようなことを書いたかもしれませんが、この曲は3拍子ということを除けば、そこまで特徴がある曲でもないんですね。ただ、やはりその「普通っぽさ」が一番心に響くんです。

歌詞も直球ですよね。何度も繰り返される同じメロディーラインが、なかなか告白出来ずに遠くから眺めているだけで満足してしまっている女の子の心情を見事に表していると思います。こんなに心が暖かくなる曲はなかなかありませんね。1位に相応しい、珠玉の一曲です。





戸松の曲を紹介するのは戸松必死系の友人+マイミクさんがいるので少しプレッシャーなんですが、そんなのに負けず頑張ります。応援してください(笑)。

次回、『こえうた。』Track.07「戸松遥(Ultra Orange Side)」、お楽しみに!



(注)
※1……「【かんなぎ】産巣日の時【ED】」
※2……戸松遥旧オフィシャルブログ「ハルカレンダー」2008年06月23日『牛乳納豆茶漬け☆』
※3……「戸松遥 naissance PV」
※4……「所詮、人間は愚かで憐れな存在でしかないんだ。」2011年03月28日『連載企画:『こえうた。』Track.02「寿美菜子」』

テーマ : 声優
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

綺羅矢的

Author:綺羅矢的

好きなもの
【声優(個人)】
☆石原夏織さん
☆豊崎愛生さん
☆阿澄佳奈さん
☆花澤香菜さん
☆内田真礼さん
★保志総一朗さん
★藤原啓治さん
★中村悠一さん
★杉田智和さん
★細谷佳正さん
and more...

【声優(ユニット)】
☆スフィア
☆ゆいかおり
☆μ's(ラブライブ!)
and more...

【声優(楽曲)】
☆水樹奈々さん
☆茅原実里さん
★GRANRODEO
★鈴村健一さん
and more...
ツイッター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
新アクセス解析
リンク
○友人ブログ・サイト○
鮭缶メモリアル
Author:いくら+
木偶の坊になりたくはない!!
Author:仁丹

◆相互リンクブログ・サイト様◆
声優好きのつぶやき
Author:こじこじさん
ゆったり日記情報局(仮)
Author:setsuna1242さん
ひだまりびより!
Author:ふうりんさん
happy moment
Author:桜井悠一さん
Harmonics
Author:ラフ・メイカーさん

□素敵ブログ・サイト様□
ムファッサでほっこり~♪
Author:RIOT様
GONTAのぶらぶら日記
Author:GONTA様

★声優さんブログ様★
阿澄日和
→阿澄佳奈(あすみん)公式ブログ
あきまつり
→豊崎愛生(愛生ちゃん)公式ブログ
マジP!
→間島淳司(マジー)公式ブログ
みなころび八起き
→寿美菜子(美菜ちゃん)公式ブログ
おさとう缶。
→佐藤聡美(しゅがりん)公式ブログ
Strawberry Candy
→竹達彩奈(あやにゃん)公式ブログ
※後日追加予定

◎各社公式サイト様◎
ミュージックレイン
Pl@net sphere
豊崎愛生アーティストサイト
※後日追加予定
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク