LESSMETAL ALCHEMIST -金欠の錬金術士-

どうも、なんこつの唐揚げは笑笑のものが至高、綺羅矢的です。あの丸っこくてカリカリした食感がたまらない。


さて、金がありません。てことでゲームその他もろもろを売りに行きました。


Round.1「vs“カメレオンクラブ”」fight!

綺羅選手、10本のPSPソフトとナイフ、ランプを鞄に詰め込んで颯爽来店!(※ナイフ、ランプは詰め込んでいません)

バトルの相手は……まだバイトし始めの「トレーナー」だーーーー! これはよく分からないがチャンスか!?

おおーーっとぉ! 綺羅選手、なんと提示した会員カードが古すぎて使えない! これは恥ずかしい! 新人の精神攻撃(マインド・アタック)が見事に決まったーーーーー!!

思わぬハプニングに見舞われた綺羅選手だがなんとか立て直しました! 査定中にPS3のソフトを物色、興味を示したのは前々からずっと言い続けている『ロロナのアトリエ』だ!

今この記事を書きながら公式HPを見ているが「主要キャラの声優が門脇舞以、喜多村英梨、真堂圭とかどこの『こ○ものじかん』だ!」とご自慢の声優知識をひけらかしています! そして今日手にした軍資金で早速明日買いに行こうとか考えているぞーー! 果たして借金は返せるのかーー!?(ちゃんと総会の日に返します)


----------------------------


疲れたんで普通に書きます。結局10本全て売れて、明細はこんな感じ。


20110924212842.jpg


やっぱりマギステ、空の軌跡、DIVAあたりは高いですね。個人的に武装神姫の1600円に驚き。だってあれ糞ソフ……おっと、誰か来たようだ。

その後はらしんばんに行ってCDとグッズを売りに。こちらの明細はこんな感じ。


20110924213224.jpg


AVって書くとなんかいやらしいけど、Audio Vidualなんで要はCDです。あと、なぜかコミックってなってるのは写真集です。誰のとはいいませんよ。殺されるので。

見事20kを錬金完了したので、手にした資金で少しだけお買い物。買ったのはこちら。


20110924215142.jpg


『WORKING!!』10巻が発売されていたので購入。500円。それから今話題の相対性理論について学習したかったので参考書も購入。500円。


20110924215658.jpg


それから、箒さんのフィギュアに一目惚れしてしまったので購入。800円。計1800円の支出。



今回の錬金で得た純利益。18200円。今回売ったものに詰められていた思い出。プライスレス。対価として持っていかれた片腕。プライスレス。(嘘)






たとえ遥か遠く離ればなれになっても繋がり合う想い
悪戯な運命が降り掛かろうとも壊れやしない

『Link / L'Arc~en~Ciel』
スポンサーサイト

テーマ : ヲタク人日記
ジャンル : アニメ・コミック

Athletic Harmonies -本当に大切なコトは、何ですか?-

20110917173428.jpg


2011年9月17日と18日、東京都にある国立代々木競技場 第一体育館で行われた『スフィア ライブ 2011 Athletic Harmonies』に参戦してきました!

17日は物販。いつも通り友人のYと行きました。とりあえず渋谷の満喫で4時くらいまで時間を潰してから徒歩で代々木体育館まで行くと、既に前には200人程度の行列が。始発前に行ってこれとか、どんだけ徹夜してるんだよ。

それから10時まではひたすら我慢の時間。まあ以前に雨の物販や極寒の物販を経験しているので特に苦ではありませんでした。途中9時に解禁したガチャ列がなんかガラ空きだったんで、とりあえず一周回してみました。

10時に物販が解禁し、買えたのは10時半くらいですかね。そしてここで僕の運命を変える大事件が起こるのですが、それは後のお楽しみということで。


20110919090426.jpg


“Athletic Harmonies”パンフレット \2,500
“Athletic Harmonies”Tシャツ(M) \2,500
“Dangerous”Tシャツ(M) \2,500
“Athletic Harmonies”タオル(イエロー) \1,500
スマートポスター typeH \1,200
スマートポスター typeL \1,200
“Athletic Harmonies”ビニールバッグ(緑、紫) \600


実際に買ったのは画像より多いです。Tシャツやタオルは今洗濯中なのでありません。といってもそんなに買ってないですけど。


20110919091638.jpg


ガチャは4周(\10,000)回してシリコンバンド以外フルコンキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!! 交換前に愛生ちゃんがほぼ揃っていたのが大きかったです。バッジ交換における自分のコミュ力の高さには脱帽ですね。

物販とガチャ、合わせて\22,000でした。まあこんなもんですかね。本当はスポーツバッグも欲しかったんだけど高かったんで断念。でもあれ使い勝手良さそうだよね。マチも深さもあるし。買えばよかったかも。

18日は物販行きませんでした。さすがに限Tのためだけに二日連続始発前は厳しいです。家で寝てました。


さて、それではライブの内容へと移りましょうか。セトリはmixiのスフィアコミュより転載です。





【一日目「デンジャラスステージ」】


○スフィア20分劇場「音雨大学女子寮」
―― タイトルの絵が可愛らしくてよかった。内容はいつものコント。ringsのときの音雨高校から進学した設定なのかな? 名ギャグ「あべのハルカス!」誕生の瞬間。


01.『Dangerous girls』
―― 一日目最初の曲は副題どおりの『Dangerous girls』。ということは二日目は……と予想できる。DGは何気にスフィアライブには欠かせない曲。サビの振りとコールが盛り上がるからね。

02.『Now loading...SKY!!』
―― 二曲目になうすかは予想外。振り完コピキメた。今回のライブではとある事情があって黄色のリウムを折らないで振りコピだけしてたんだけど、その事情とやらは後述。

03.『Neo Eden』
―― ライブでは初披露となる『Neo Eden』。センターステージで歌ってくれたから非常に見やすかった。今回センターステージ率高かったね。SよりむしろCが勝ち組?


○MC1


04.『風をあつめて』
―― 最近のライブでは毎回歌われて俺歓喜な風あつ。スフィアにはもっとこういったコーラスワーク主体の曲を歌ってほしい。声質がバラバラだからこそ美しい。

05.『MOON SIGNAL』
―― 来ましたMS。シングルではスパノバに続く遅れてきた打ち曲(打たないけど)。早いとこ武道館のBD買って振りコピしないと。ただ、その前にPS3買わないと……。


○寿美菜子 誕生日ドッキリ
―― 会場全体が紫に染まる&ケーキ入場&全員でハッピーバースデーの曲大合唱&記念撮影のドッキリ企画。マジパンをかじったときの美菜ちゃんが可愛かった。


06.『Dear my...』(寿美菜子)
―― 想いを伝える「コトバ」の大切さを歌った曲。シンプルなギターの音色と美菜ちゃんの力強い声がベストマッチした良曲。ただ、僕の中ではやはり『ライラック』には敵わない。

07.『カレイドスコープ』(豊崎愛生)
―― まさかの『カレイドスコープ』に「おおおおお!」となる僕。今回も愛生ちゃんは「まったりタイム」と言っていたけれど、この曲はまったり出来ないww

08.『Counter Attack』(戸松遥)
―― キタ━━━━(。A。)━(゚∀゚)━(。A。)━(゚∀゚)━(。A。)━━━━!!!! ついに、ついにライブ会場でこの曲を聴くことが出来た! 完全に基地外芸してたけど許してください。

09.『The Rose』(高垣彩陽)
―― カバーシリーズ第三弾。あやひーの時だけ場の雰囲気が違いすぎて。毎回ながらあまりの歌唱力に圧倒され、閃ブレを振ることも出来ず棒立ちしてた。


○しりとリレー
――「と」で終わったときは「『Treasures!!』ktkr!」と思ったけど、その後の「トップ」で「『PRINCESS CODE』ktkr!」に変わった。部屋一周は結構キツクない?w


10.『PRINCESS CODE』
―― 振りがライブで映えるだけあり、ライブの準定番曲の位置を獲得したプリコ。スフィア推しを四人揃えて振りコピしたいねぇ。美菜ちゃんとあやひー推しの団員募集!

11.『らくがきDictionary』
―― ライブ前の「そろそろBGMじゃない『らくがきDictionary』が聴きたい」という僕のぼやきが見事に通じた。バックスクリーンの手紙演出は反則だろ……。閃ブレ振らずに号泣してた。

12.『Treasures!!』
―― ライブ前の「そろそろBGMじゃない『Treasures!!』が聴きたい」という僕のぼやきが見事に通じた。掛け合いや「3、2、1、GO!」とかもあってライブ向きの曲だと思うんだけどねぇ。


○MC2


13.『Brave my heart』
―― 曲前に「ライブカラーの赤が似合う曲」の煽りがあったけど、これは公式で赤なのかな? だったら風あつも赤でいいと思うんだけど……。風あつは青振ってる人が大半だった。

14.『Super Noisy Nova』
―― このタイミングでスパノバとか完全に油断してた。前回の誤爆反省を生かし、今回は掛け声30%offの比較的クリーンなスパノバにしてみた。いつもはリミットブレイクして基地外芸してるからなぁ。UO投げたバカは特定芸されて個人情報晒されればいい。


○『LET・ME・DO!!』ジャケット撮影メイキング
―― 恒例の新曲メイキングコーナー。水の入ったプールではしゃぐ4人が可愛かった。まあ一番の見どころはイスに乗ってゴロゴロしてたら柱を壊した愛生ちゃんだけどwwww


15.『Spring is here』
―― 流れ的に絶対レミドだと思ったらまさかのSih。心の中で「ピンクしまっちゃったよ!」とぼやきつつも、美しい旋律に心が癒される。春以外にもやってくれることが分かって一安心。

16.『Future Stream』
―― またもや意表を付く選曲。こんな場所にFSを持ってきたセトリは今までなかったと思う。それだけスフィアも代表曲が増えてきたということか。この曲はもう息をするように振りコピが出来る。

17.『A.T.M.O.S.P.H.E.R.E』
―― FSからのATMとか高まりすぎてもうね。今日も会場の「はるかー!」「あやひー!」「あきちゃーん!」「みなこー!」は絶好調だった。ライブ来たって感じするよね。


○MC3


18.『キミが太陽』
―― すっかりライブの定番曲となった『キミが太陽』。しかもラスト手前とかいい位置に付けてくる憎いヤツ。僕たちファンにとってはもちろん、スフィアが太陽!

19.『LET・ME・DO!!』
―― 最初に来なかったら最後だろうなとは感じていた。この曲は青やUO振る人が多いけど、僕はあえての拳一択。スフィアにとって初めての拳曲だと思ってる。PPPHがなくなったのは良い兆候。


[ENCORE]


01.『glory colors ~風のトビラ~』
―― 本日二度目の号泣。曲自体も良曲だけど、それよりもアンコールの一曲目にZONEのカバー曲が来たことで『Shake×Sphere』を思い出して感極まった。もう一度カバー曲のコーナーを復活させてほしい。

02.『Feathering me, Y/N?』
―― いい曲なんだけどライブだとそんなに盛り上がらないから、今後のライブだと『手のひらに夢』ポジションになっちゃうかなぁ……。自分で閃ブレの振り方をちょっと工夫してた。


○バンド紹介&告知
―― バンドメンバーでは武士単推し。そして告知ではまさかの新曲がイカ娘OP。正直「また無名のアニメなんだろうな」とか思っててごめんなさい。あと、イカ娘一期は途中で切ったけど二期はしっかり見る。


03.『HIGH POWERED』
―― イカ娘といえば打ち曲ってイメージだけど、それをしっかりと踏襲したアップテンポでライブ向きの曲だった。サビの終わり方が少し複雑だから、リウムの振り方を次回までに要研究かな。


○告知&エンディングMC
―― どんだけ告知するんだよwwwwってくらいボリューミーな告知だった。まとめるのは面倒だから公式見てください。とりあえず『夏色キセキ』が神アニメになるのは間違いない。


04.『サヨナラSEE YOU』
―― やはりスフィアライブの最後といえばこの曲。冒頭の掛け声を上手く出来るかでスフィアライブ初心者かそうじゃないかが判断できる。最高の一日目をありがとう! 二日目も期待してます!





【二日目「クライマックスステージ」】


○スフィア20分劇場「音雨大学女子寮」
―― 出だしからほぼ同じだったからまあ同じ劇か……と思ってたら、途中でまさかの分岐。あやひーの「バレー……」で会場中が湧いたのは言うまでもない。二日目も「あべのハルカス!」は絶好調だった。


01.『クライマックスホイッスル』
―― 二日目最初の曲は予想通りクラホ。クラホはあえて前半に流すというスタイルが定着してきたかな。まあ次回は武道館のときみたいにクライマックスに流れるかもしれないけど。

02.『Now loading…SKY!!』
03.『Neo Eden』


○MC1


04.『風をあつめて』
05.『MOON SIGNAL』


○MC2


06.『カラフルダイアリー』(寿美菜子)
―― 昨日とは打って変わり、美菜ちゃんには珍しいロックテイストの新曲。これがかなりツボな曲で、さすがに一位は奪えないけど『ライラック』の次に好きかもしれない。

07.『Hello Allo』(豊崎愛生)
―― 来るならこの曲か『片想いのテーマ』かなと思ってた。スフィアのライブでアルバム曲が聴けるのは熱い。今日は愛生ちゃんの言葉通り、まったり楽しむことが出来たかな。

08.『Oh My God』(戸松遥)
―― 一日目に来ると思ったら二日目に来たか。ライブでは初めて聴いたけどこれは盛り上がるね。一緒に歌うところもあるし、motto、GBAに続く第三のライブ定番シングル曲となるか?

09.『アメイジング・グレイス』(高垣彩陽)
―― 圧巻。今まで僕が聴いたあやひーの歌の中で一番素晴らしかった。これで歌手ではなく声優なのだから驚き。ソロコン行きたいけど重要なバイトがあるから行けないかな……。


○しりとリレー
―― 以前の『Sphere's rings』でもしりとり→RLRLの流れがあった&昨日歌われていないということで想像は付いた。それよりも4人の言葉のチョイスが神がかってるww「木曾義仲」は普通出ないだろwwww


10.『REALOVE:REALIFE』
―― RLRLは自分の中では正直レミドに食われてるなぁ。ヘドバン曲という点では勝ってるんだけど、あっちは掛け合いもウォウウォウもあるしなぁ。今後のあり方を考えるべき曲。

11.『Hazy』
―― Hazyのイメージカラーは緑なのね。てっきり青だと思ってた。本当はセピア色の閃ブレがあるといいんだけど……。作ってもいいけど、茶色っぽいからあんまり綺麗じゃないよね。

12.『Congratulations!!』
―― 幕張で初披露された踊りが映像化されるのは嬉しいね。自分としては、リズムに合わせてかなり適当に閃ブレ振ってたんだけど、これが結構面白くてね。またライブで歌ってくれないかなぁ。


○MC3


13.『By MY PACE!!』
―― 地味に好きな曲。サビの「Fu-Fu!」の入れ方で若干派閥が分かれてたかな。僕は少数派の方だったけど、そっちの方がいいと感じてるからこれからも少数派のやり方で押していく。

14.『かってな成長期』
―― 若干望みが薄かったから、イントロがかかった瞬間に思わず「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」と叫んだw あんまり評価されてないけど大好きな曲。全力投球で盛り上げたよ!


○『LET・ME・DO!!』PV撮影メイキング
―― 昨日と同じかと思ったら、今日はPVのメイキングだった。PV撮影の裏側はなかなか見られないから貴重。2人が撮ってる時にもう2人がニヤニヤしながら見ている光景が面白かったw


15.『Spring is here』
16.『Future Stream』
17.『A.T.M.O.S.P.H.E.R.E.』


○MC4


18.『キミが太陽』
19.『LET・ME・DO!!』


[ENCORE]


01.『glory colors~風のトビラ~』
02.『Feathering me, Y/N?』


○バンド紹介&告知


03.『HIGH POWERED』


○告知&エンディングMC


04.『サヨナラSEE YOU』





【後想】


スフィアのライブは回を追うごとにレベルアップしている気がします。今回のライブは僕の中では『Shake×Sphere』の次に楽しめました。まあS×Sは思い出補正もあるので、実質一番ですかね。

楽しめた理由はたくさんあって数えきれませんが、2daysで違う楽しみ方が出来たのは大きいかなと感じています。一日目は感動、二日目は熱狂という印象でした。

そして、今ここで明かす「大事件」ですが、実は一日目の物販中に大閃光をどこかへ置き忘れてしまいまして、今回のライブは閃ブレ5色+赤大電光だけで乗り切ったんです。

今までは本数は少なくても、しっかり大閃光を用意して行きました。なうすかだったら黄色、FSだったら白。スフィアファンなら当たり前ですよね。スパノバは一番の高まり曲なので、折らないライブなんてありませんでした。

今回はその3曲(以外にもありましたが)で大閃光を折れず、全て素手で振りコピをしていました。リウムがないのをどうにかして誤魔化そうとしていたんです。

しかし、実際に素手で振りコピをしていると、誤魔化しとはどこか違う感情が生まれてきたんです。もしかして、これはいつもよりも楽しめているのかもしれない、と。

そのとき僕は感じました。僕にとってライブでスフィアへの愛を表現する方法は、大閃光を折ることじゃないのではないかと。もっと他の方法が相応しいのではないかと。

もちろん、大閃光を折ることを否定はしません。UOをバルログすることで愛情を表現する人はたくさんいます。要は、自分に適したスタイルで応援すればいいんです。

ライブが終わった直後だからこそ、今一度胸に手を当て、時間をかけてゆっくり考えてほしいです。あなたにとって、本当に大切なコトは、何ですか?





いつも Let me do そう自分の意志で 歩いてたい
だって Dream come true ねえその瞬間が 輝く
Wow... Wow... Wow... かなえていこう!

『LET・ME・DO!! / スフィア』










ちなみに、二日目の終わりは連番者のT先輩、それからYとその友達の4人で後飲みに行きました。

そこで撮ったのがこの写真です。ツイッターやボイスにも上げましたね。


20110918230722.jpg


20110918231555.jpg


まあ激しく身内ネタなんで詳しくは語りませんが、僕たちの奮闘のおかげで糞イベが良イベになりました。

そしてその時のMVPはひろきでした。またひろき推しに行きましょう。お疲れ様でした!ノシ





(執筆者:綺羅)

テーマ : 声優
ジャンル : アニメ・コミック

Hakone's Trip II -酒の夜、理系の夜-

どうも、今はスマブラをやっています。綺羅です。サークルの合宿が続いています。

今日(昨日?)の日中は箱根関所だったりガラスの森美術館だったりに行って来ました。観光名所ですがやはり平日ということで観光客は少なめのゆったり観光が楽しめました。

そして夜は大宴会。といっても徹夜で酒を呑むだけなんですが。途中で「古今東西」をやってたんですが、最初は「東京23区」とか「ヨーロッパの国」とかのお題だったのが後に「元素記号」や「理系しりとり」に変わっていたのが流石理系大学だけありますね。

で、今は絶賛スマブラ中です。スマブラが始まってから全く酒を消費してませんが……。せっかく買い出し行ったのに。僕もそろそろゲームへ戻るとします。ではノシ

テーマ : ヲタク人日記
ジャンル : アニメ・コミック

Hakone's Trip I -スマブラの夜、麻雀の夜-

どうも、今の今までマリカーで対戦していた綺羅です。絶賛サークルの合宿中です。

合宿と言っても酒飲みながらマリカーとスマブラと麻雀やってるだけなんですけどね。まあ本番は二日目なので、今日はまだ慣らしって感じです。

明日は日中は箱根観光へ行き、夜は大宴会です。明日も軽くですが更新したいと思います。更新する余裕があれば……ですけどね。僕はこれからスマブラでもやってきます。では!ノシ

テーマ : ヲタク人日記
ジャンル : アニメ・コミック

September 9th -おたんじょーび-/アニソン垂れ流し(2011.09.08) セットリスト

どうも、やっとポテリッチを食べきった綺羅矢的です。二袋しか買ってなかったけど食べるタイミングがね。

さて、本日9月9日は僕の誕生日でした。おめでとうございました。まあ誕生日当日もバイトでしたけど。

で、僕と同じ誕生日の人が結構いるので、まとめてお祝いしちゃいたいと思います。ソースはWikipedia。


1947年 - 島耕作、漫画『課長島耕作』シリーズに登場するキャラクター
1954年 - 明智球七、漫画『アストロ球団』に登場するキャラクター
1954年 - 明智球八、漫画『アストロ球団』に登場するキャラクター
1954年 - 伊集院球三郎、漫画『アストロ球団』に登場するキャラクター
1954年 - 上野球二、漫画『アストロ球団』に登場するキャラクター
1954年 - 宇野球一、漫画『アストロ球団』に登場するキャラクター
1954年 - 高雄球六、漫画『アストロ球団』に登場するキャラクター
1954年 - 峠球四郎、漫画『アストロ球団』に登場するキャラクター
1954年 - 火野球九郎、漫画『アストロ球団』に登場するキャラクター
1954年 - 三荻野球五、漫画『アストロ球団』に登場するキャラクター
1965年(1964年) - 物星大、漫画・アニメ『ハイスクール!奇面組』に登場するキャラクター
1984年 - 大地望、アニメ『地球防衛家族』に登場するキャラクター
1985年 - 白鳥隆士、漫画・アニメ『まほらば?Heartful days』に登場するキャラクター
1987年[1] - 佐藤寿也、漫画・アニメ『MAJOR』に登場するキャラクター
1988年 - 花菱美希、漫画・アニメ『ハヤテのごとく!』に登場するキャラクター
1992年 - 九条ひかり(シャイニールミナス)、アニメ『ふたりはプリキュア』シリーズに登場するキャラクター
1994年 - 春風ぽっぷ、アニメ『おジャ魔女どれみ』シリーズに登場するキャラクター
1994年 - 真壁愛良、漫画『ときめきトゥナイト』に登場するキャラクター(江藤蘭世、真壁俊の長女)
1997年 - 沙羅、アニメ『ジュエルペット てぃんくる☆』に登場するキャラクター
2000年 - テライユキ、バーチャルアイドル
生年不明 - 天立和穂、漫画・アニメ『隠の王』に登場するキャラクター
生年不明 - 綾瀬香純、ゲーム『Dies irae -Also sprach Zarathustra-』に登場するキャラクター
生年不明 - ウーマロ、ゲーム『ファイナルファンタジーVI』に登場するキャラクター
生年不明 - 小田れんげ、ニンテンドーDSソフト『どきどき魔女神判!』に登場するキャラクター
生年不明 - 音無小鳥、ゲーム『THE IDOLM@STER』シリーズに登場するキャラクター
生年不明 - キャサリン・リオランド、読者参加企画『ルーンプリンセス』に登場するキャラクター
生年不明 - キラキラ、漫画・アニメ『へろへろくん』、漫画・『特上へろへろくん』、『へろへろくんめっちゃワールド』に登場するキャラクター
生年不明 - くーすけ、『ちびまる』のキャラクター
生年不明 - 九龍ながつき、アニメ『HAPPY☆LESSON ADVANCE』に登場するキャラクター
生年不明 - 獄寺隼人、漫画『家庭教師ヒットマンREBORN!』に登場するキャラクター
生年不明 - 九重真咲、ゲーム『魂響?たまゆら?』に登場するキャラクター
生年不明 - 九重真散、ゲーム『魂響?たまゆら?』に登場するキャラクター
生年不明 - 巳遙、漫画『密・リターンズ!』に登場するキャラクター
生年不明 - 瞬、漫画・アニメ『聖闘士星矢』に登場するキャラクター
生年不明 - 須尭雨情、漫画・アニメ『スケッチブック』に登場するキャラクター
生年不明 - 高城レイカ、ゲーム『卒業 ?Next Graduation?』に登場するキャラクター
生年不明 - 巧美、漫画・『ストレンジ・プラス』に登場するキャラクター
生年不明 - タンタン、ゲーム『どうぶつの森』に登場するキャラクター
生年不明 - チェリー、『ルロロマニック』のキャラクター
生年不明 - 紬屋雨、漫画・アニメ『BLEACH』に登場するキャラクター[2]
生年不明 - ナースちゃん、アニメ『とっとこハム太郎』に登場するキャラクター
生年不明 - 初瀬香津美、ゲーム『片恋いの月』に登場するキャラクター
生年不明 - 速水ペルシャ、アニメ『魔法の妖精ペルシャ』の主人公
生年不明 - 広野紘、ゲーム『ef - a fairy tale of the two.』、そのアニメ版『ef - a tale of memories.』に登場するキャラクター
生年不明 - 深川遥、漫画・アニメ『ラブ★コン』に登場するキャラクター
生年不明 - 藤林杏、ゲーム・アニメ『CLANNAD』に登場するキャラクター
生年不明 - 藤林椋、ゲーム・アニメ『CLANNAD』に登場するキャラクター
生年不明 - ヘリング、漫画『EREMENTAR GERAD』に登場するキャラクター[3][4]
生年不明 - 本郷詩織、漫画『メイちゃんの執事』に登場するキャラクター(漫画の中ではルチア様と呼ばれている)
生年不明 - 水原結花、アニメ『熱血最強ゴウザウラー』に登場するキャラクター
生年不明 - ミト、ゲーム『ザ・ランブルフィッシュ2』に登場するキャラクター
生年不明 - 美輪椿姫、ゲーム『G線上の魔王』に登場するキャラクター
生年不明 - 冥王ハーデス、漫画・アニメ『聖闘士星矢』に登場するキャラクター
生年不明 - 吉野友美、ゲーム『全国制服美少女グランプリファインドラブ』に登場するキャラクター
生年不明 - リルム・アローニィ、ゲーム『ファイナルファンタジーVI』に登場するキャラクター
生年不明 - レイチェル・ハーベスト、ゲーム『Princess Holiday ?転がるりんご亭千夜一夜?』に登場するキャラクター
生年不明 - レオン、アーケードゲーム『クイズマジックアカデミー』シリーズに登場するキャラクター
生年不明 - レン、PCゲーム『歌月十夜』に登場するキャラクター
生年不明 - 湊智花、小説、アニメ、ゲーム『ロウきゅーぶ!』に登場するキャラクター


とりあえず『アストロ球団』のインパクトが強すぎて出オチみたいになってますが、ゾロ目の日なんで誕生日のキャラはいっぱいいます。

その中には僕の嫁である『G戦場の魔王』の椿姫と、好きなキャラである『THE IDOLM@STER』の小鳥さん、さらに今話題の『ロウきゅーぶ!』智花なども入っていて、自分でもなかなかいい日に生まれたんじゃないかと思います。

自分と同じ誕生日のキャラを探すのは面白いですね。残念ながら好きな声優さんと同じ誕生日ではありませんでしたが。いや、松風さんも好きですけどね?

ちなみにキャラではありませんが、今日は北朝鮮の創建記念日でもあります。将軍様バンザーイ。中学の時に知ってから毎年ネタに使わせていただいてます。





話は変わりますが、昨晩は久々のアニソン垂れ流し放送をやってみました。久々の、というのは……まあ黒歴史が色々とあるんですよ。お察しください。

視聴者数は平均4人くらいで、最大で6人まで行ったそうです。ツイッターでも宣伝してたので、もしかしたら身内以外でも聴いてくれた方がいたのかもしれません。最後まで聴いてくださった方はありがとうございました。

初回ということで二時間たっぷり流しましたが、ちょっと多すぎましたね。あと、とりあえず流したい曲を詰め込んだらマニアックになりすぎました。一時間ちょいでメジャーとマイナーが半々くらいがちょうどいい感じですかね。

今後も一ヶ月に一回くらいのペースでやっていきたいと思っていますが、今回の形式だと音質はいいんですが視聴が面倒なので、やはりどうにかしてUstreamを使いたいです。まあ時間はたっぷりあるので、色々と模索してみます。

一応昨日のセトリをうpしておきます。ところどころ繋ぎがありますが、今回はそこまで意識していません。


01. キミとセツゾク。/ LISP
02. nO limiT / エクリップス
03. 未来はきっとShinyDays / 奏英学園軽音楽部 starring i.o
04. Princess Primp! / 橋本みゆき
05. Virgin's high! / MELL
06. イノセント・ブルー / DeviceHigh
07. イノセント・ブルー / ヨウ・ミズノ(日高里菜)
08. Party Love ~おっきくなりたい~ / RO-KYU-BU!
09. My White Ribbon ver. 2011 / アフィリア・サーガ・イースト
10. GRAVITY ERROR / 彩音
11. マジLOVE1000% / ST☆RISH
12. Gorgeous 4U / 滝島彗(福山潤)、狩野宙(下野紘)、山本純(代永翼)、辻竜(堀江一眞)
13. Try On! / NANA
14. 情熱の花 / トリプルブッキング
15. オリオンをなぞる / UNISON SQUARE GARDEN
16. カレイドスコープ / 豊崎愛生
17. 秋爽 / KOTOKO
18. cross the rainbow / 榊原ゆい
19. Flame / 茅原実里
20. an evening calm / fripSide
21. 月下の決闘者 / TERRA、片霧烈火
22. 天使にふれたよ! / 放課後ティータイム
23. Spring~君とのメロディ~ / 飛蘭
24. サヨナラSEE YOU / スフィア


全体的にC/Wやアルバム曲などの「隠れた名曲」と呼ばれる曲を多めにセレクトしました。後半は特にそうですね。まあ視聴者置いてきぼりの僕らしい選曲だと思います。

今回は熱血系の曲があまりなかったので、次回はそういった曲も入れていきたいです。まあスパロボに走るとまた置いてきぼりになるから、その辺りは考えながら。ではノシ。

テーマ : ヲタク人日記
ジャンル : アニメ・コミック

連載企画:『こえうた。』Track.10「中川かのん feat.東山奈央」

春告鳥(はるつげどり)とも称されるウグイスが盛んにさえずり出した3月15日、埼玉県鳴沢市(※1)にある鳴沢臨海ホール、通称「なるりん」にも春を告げる鳥が舞い降りた。中川かのん。かつては人気アイドルユニット「Citron」の一員として活躍していた彼女が、この日、新人歌手として華々しい一人立ちを飾った。

会場に入ると、そこは収容人数ギリギリの2500人(※1)で埋め尽くされていた。法被を着て談笑している者、ライブTシャツに着替えている者、サイリウムの準備をしている者……。みな今か今かと、新人アイドルにしてトップアイドルの登場を待ちわびている。

やがて開演のブザーが鳴り照明が落とされると場内は歓声に包まれた。中川かのん1stワンマンライブ「Birth」の開演である。

暗がりの中、アルバムの一曲目である『Date of Birth』に合わせながら、スクリーンにはワームホールに吸い込まれ高速で宇宙を駆け抜けるイメージを想起させる幻想的な動画が映し出される。大きくなる手拍子。高まる期待。やがて曲が終わり、スクリーンの動画が文字に切り替わった。


「はじめまして!」


次の瞬間、派手な爆発のエフェクトとともに中川かのんが登場し、彼女の自己紹介ソングである『LOVE KANON』が流れ出した。曲の途中でかのんちゃんが行う“BANG! BANG!”という撃ち真似に、早くもファン達は心を射抜かれたようだ。

『LOVE KANON』が終わると間髪を入れずに二曲目『YES-TODAY』へと突入。片想いに悩む年頃の少女の甘酸っぱい心境をポップなメロディーに乗せた可愛らしい曲である。会場が一体となってクラップしていたのが印象的だった。


「新人アイドルの中川かのんです。今日は精一杯心を込めて歌いますので、応援よろしくお願いします!」決意表明のMCに続くのは、2ndシングルの『ALL g4 YOU』。夏にはまだ少々早いが、会場のすぐ側にある海のささめきが伝わってくるような爽やかさでもって歌い上げていた。

水色のスポットライトが淡いピンク色に変わったら、4曲目の『ウラハラブ』が始まるサインである。ワルツの調べに乗せて、“ウラハラ”な恋心をかのんちゃんの甘い歌声で見事に表現していた。


「なるりん制圧、いっくよ~!」の掛け声とともに、中川かのんの代表曲『ハッピークレセント』がかかると会場は興奮のるつぼと化した。曲の合間に観客が一体となって「かのんちゃーん!」と叫ぶのを見ると、改めて彼女がどれだけファンに愛されているかが分かる。

ステージが暗転。少々の待ち時間のあと、バックスクリーンに雨の映像が流れ出し、ステージ上手からピンク色のレインコートを着たかのんちゃんが登場した。『想いはRain Rain』のイメージに合わせた、粋な演出と言えるだろう。


楽しい時間の終わりは突然やってくる。かのんちゃんの「次が最後の曲です」という発言に会場中からライブの終了を惜しむ声が投げかけられた。

「皆さん、最後まで盛り上がってくださいね」とのお願いのあと、どこかで聴き覚えのあるストリングスの音色が流れ出した。アルバム未収録曲『コイノシルシ from Kanon』である。かのんちゃんからの思わぬサプライズプレゼントで締めくくられた1stワンマンライブは、大盛況のうちに幕を閉じたのだった……。



……と、ここで終わりなはずがない。何故なら、まだ歌っていない曲があるではないか。1階からも2階からも発せられるアンコールの声の嵐。その圧倒的な迫力に、関係者席にいた私もつい一緒になって声を張り上げてしまった。


皆の熱い思いが届いたのか、再びステージ上にライトが当たると、そこには今回のライブをイメージしたTシャツを着たかのんちゃんが立っていた。再び湧き上がる観客だったが、静かにピアノのイントロが始まると、皆黙って着席した。

中川かのん、懇親のバラード曲『らぶこーる』。「何も見えない暗闇の中で 見つけたんだ 小さな光を」Citronの脱退騒動やその後の過密スケジュールによる忙しさから、本来の自分を見失いそうになっていた彼女。しかし、その大きな試練を乗り越えたからこそ、ここに本物の中川かのんというアイドルが誕生したのだろう。

『らぶこーる』が終了すると、会場から今まで以上の喝采が舞い上がった。「この曲は私にとって特別な曲なので、今日という特別な日に歌うことが出来てよかったです」。涙を流しながら告げるその姿に「頑張れ!」と暖かい声援が降り注いだ。

「これが本当に最後の曲です。皆さん、一緒に歌ってください!」。かのんちゃんの「1・2・3・4!」というカウントで、本当にライブ最後の曲『ダーリンベイビ』が始まった。最後に相応しいアップチューンなナンバーに、会場のボルテージは最高潮。皆、悔いを残さないよう腕を振り上げ「Hey! Hey!」と叫びながら全力で跳んでいた。曲終わりの合唱も見事に決まり、かのんちゃんが今日一番のきらめく笑顔を見せた。


アルバム最後の曲である『Birth』のメロディをバックに、終演のアナウンスが流れる。皆、まだ夢心地から冷められないらしく、なかなか席を立つことが出来ないでいた。

1stライブでここまでの衝撃と感動を私たちに与えてくれた中川かのん。きっと今後の日本のアイドル界を引っ張っていく逸材であろう。また彼女のライブを取材する機会が私に与えられることを切に願いたい。



『I.D.o.L』5月号「中川かのん1stワンマンライブ『Birth』特集」

文:綺羅矢的
撮影:苫屋ラキ



なかなかライブレポート風の記事を書くのは大変ですね。せっかく声優雑誌という参考資料がたくさんあるんだから、今度からもっと参考にしたいと思います。

次回、『こえうた。』Track.11「阿澄佳奈(ガチうたver)」、お楽しみに!



(注)
※1……筆者の勝手な捏造である。

テーマ : 声優
ジャンル : アニメ・コミック

⊃ -オタクという名の集合-

8/31(水)の深夜から9/1(木)の朝にかけて、高校時代の友人とオールカラオケに行ってきました。

昔は結構な頻度でカラオケへ行っていたんですが、やはりみんな進路がバラバラだとなかなか集まりづらく、四人でカラオケへ行くのは一年ぶりくらいですかね。どうせ成人したんだからということで、この組み合わせでは初となるオールカラオケを企画しました。

ちょうどCROSSOに履歴が残っていたので歌った曲を人物ごとにまとめてみたのですが、やはり個性のぶつかり合う四人だなと。



誰かさんA

『明日へのキズナ / HIMEKA』
『HEART GOES ON / 池田彩&工藤真由』
『僕クエスト《本人映像》/ ゴールデンボンバー』
『ハートキャッチ☆パラダイス! / 工藤真由』
『A-LY-YA! / ネギ・スプリングフィールド・神楽坂明日菜・近衛木乃香・桜咲刹那』
『DISCOTHEQUE / 水樹奈々』
『女々しくて《本人映像》/ ゴールデンボンバー』
『ミッシングリンク / NOVELS』
『マジLOVE1000% / ST☆RISH』
『ゆりゆららららゆるゆり大事件 / 七森中☆ごらく部』
『Fencer of GOLD / JAM Project』
『fancy baby doll / 田村ゆかり』
『Got to keep it real / 火野映司(C.V.渡部秀)』
『チャンピオン《LIVEカラオケ》/ アリス』
『The Biggest Dreamer / 和田光司』
『カサブタ / 千綿ヒデノリ』
『brave heart / 宮崎歩』



誰かさんB

『SCARLET KNIGHT《本人映像》/ 水樹奈々』
『Os-宇宙人 / エリオをかまってちゃん』
『ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C / ヒャダイン』
『ヒャダインのじょーじょーゆーじょー / ヒャダイン』
『初音ミクの消失 / cosMo@暴走P feat.初音ミク』
『るんるんりる らんらんらら / 小林ゆう』
『Anything Goes! / 大黒摩季』
『JAP《本人映像》/ abingdon boys school』
『私は演者です / ヒッキーP』
『不完全燃焼 / 石川智晶(石川知亜紀)』
『ぱんでみっく!! / Team.ねこかん[猫]featuring.米倉千尋』
『オリオンをなぞる / UNISON SQUARE GARDEN』
『スイッチが入ったら / 石川智晶(石川知亜紀)』
『HANAJI / 小林ゆう』
『Last vision for last / 飛蘭』
『インモラリスト / 堀江由衣』
『metaphor / 少女病』
『鬱くしき人々のうた / マキシマム ザ ホルモン』
『踊る赤ちゃん人間 / 大槻ケンヂと橘高文彦』
『人として軸がぶれている / 大槻ケンヂと絶望少女達(風浦可符香、木津千里、木村カエレ、関内・マリア・太郎、日塔奈美)』
『ROLLING1000tOON / マキシマム ザ ホルモン』



誰かさんC

『純潔パラドックス《本人映像》/ 水樹奈々』
『LET・ME・DO!!《本人映像》/ スフィア』
『learn together / AiRI』
『STRAIGHT JET / 栗林みな実』
『Punctuation! / 松隆奈々子(CV:花澤香菜)』
『もどかしい世界の上で / 牧野由依』
『Be Starters! / 喜多村英梨』
『COSMIC LOVE / 水樹奈々』
『夢ノート / azusa』
『本能のDOUBT / 飛蘭』
『青い栞 / Galileo Galilei』
『GO NEXT!! / ブルーローズ(CV.寿美菜子)』
『君がいる場所 / 高垣彩陽』
『渚のSHOOTING STAR / 戸松遥』
『Dill / 豊崎愛生』
『Love The Music / LISP feat ダン(C.V.小林ゆう)』
『La*La*Laラボリューション / アフィリア・サーガ・イースト』
『Super Noisy Nova / スフィア』
『未来への咆哮 / JAM Project feat.影山ヒロノブ・遠藤正明・きただにひろし・福山芳樹』



誰かさんD

『蒼き炎 / 高橋洋子』
『Once / 原田ひとみ』
『Scarlet Ballet / May'n』
『星座 / Suara』
『Angelic Symphony / 佐藤ひろ美』
『say your prayer / 片霧烈火』
『東京ジオラマ《アニメカラオケ》/ 片霧烈火』
『BLOOD QUEEN / 美郷あき』
『最後のエデン / 美郷あき』
『RPG / school food punishment』
『unripe hero / 栗林みな実』
『The Day Takeoff / 橋本みゆき』
『本日、満開ワタシ色! / 桂ヒナギク with 白皇学院生徒会三人娘 starring 伊藤静 with 矢作紗友里&中尾衣里&浅野真澄』
『euphoric field / ELISA』
『nO limiT / エクリップス(戸松遥、中島愛、早見沙織)』
『Trickster / 水樹奈々』
『I sing by my soul / 飛蘭』
『残光のガイア / 水樹奈々』
『Butter-Fly / 和田光司』



まあ僕がどれかは明白だと思うので言いませんが、見事に四人バラバラな傾向ですよね。これだけバラバラなのに違和感を全く感じないのは、やはり長年の付き合いの賜物でしょう。

それぞれに専門のジャンルが違っても、オタクという名の集合に含まれているから分かり合えるのでしょう。むしろ、専門が違うからこそ上手くいくのかもしれませんね。では。ノシ

テーマ : ヲタク人日記
ジャンル : アニメ・コミック

rainbow -にじのしずく-

8/28(日)、さいたまスーパーアリーナで開催されたアニメロサマーライブ2011 -rainbow-二日目に参加してきました!

今回はフォロワーさんとの連番でした。初の試みでしたが、以前にお会いしていたので友人と行くのと同じような感覚で過ごせました。

開演前はたまアリでサークルの友人二人と合流して時間を潰していました。特筆すべきことはなかったので、早速セトリを振り返りながらの感想へと行きますか。





【Animelo Summer Live 2011 -rainbow- 8月28日(日)セットリスト】(アニサマ2011公式サイトより引用)


01 メドレー:「ヒカリ」 ~ 「COSMIC LOVE」 / 堀江由衣&水樹奈々
――今年は一日目も二日目もアイドル声優のコラボから始まりました。コズミラは大好きな曲なので開始早々テンション上がりました。

02 「Rumbling hearts」 / 栗林みな実
03 「時すでに始まりを刻む」 / 栗林みな実
04 「STRAIGHT JET」 / 栗林みな実
――まさか「Rumbling hearts」を持ってくるとは驚きです。イントロが流れた瞬間の場内のざわめきは凄かったですね。

05 「翼はPleasure Line」 / 栗林みな実&黒崎真音
――こちらもまさかの選曲。栗の子×上松さんの名曲を生で聴くことが出来て嬉しかったです。

06 「Magic∞world」 / 黒崎真音
07 「メモリーズ・ラスト」 / 黒崎真音
――「Magic∞world」とか打ちたくてしょうがないですが我慢しました。その代わりに全力でリウム振ってました。

08 「オルフェ」 / 宮野真守
09 「BODY ROCK」 / 宮野真守
――周りが静まり返る中、一人「オルフェ」で高まっている僕(笑)。でも二曲目は知りませんでした。ごめんなさい。

10 「SHOOT!」 / RO-KYU-BU!
11 「Party Love~おっきくなりたい~」 / RO-KYU-BU!
――息を吹き返すどころか爆発するんじゃないかってくらいに会場が沸き立ちました。RKBの人気は凄いな。振りコピは完璧でした♪

12 「正解はひとつ!じゃない!!」 / ミルキィホームズ
13 「雨上がりのミライ 」 / ミルキィホームズ
――圧倒的緑。特に推しがいない僕はレインボーターンオン振ってました。打たないけど、パブロフの犬みたいに打ちたくなるっていうね。

14 「Hacking to the Gate」 / いとうかなこ+志倉千代丸
15 「刻司ル十二ノ盟約」 / ファンタズム(FES cv.榊原ゆい)
――千代丸うううううううううううう!!!! 何で一曲なんだよおおおおおおおおおおおお!!!! 今年のアニサマで唯一心残りでした。

16 「裏切りの夕焼け」 / 谷山紀章&宮野真守
――今年は声優同士のコラボが多いですね。イケメン声優のコラボに女子が沸い……ていたかは覚えていません。

17 「インモラリスト」 / 堀江由衣
18 メドレー:「PRESENTER」 ~ 「YAHHO!!」 / 堀江由衣
――御三家の中だったらほっちゃんが一番好きかもしれません。曲はやはり奈々様ですが。でも「YAHOO!!」はかなり好きです。

19 「もう何も怖くない、怖くはない」 / 石川智晶
20 「不完全燃焼」 / 石川智晶
――まさかの「そうなんだろ?」のコール&レスポンス。アニサマ慣れしているアラフォーの美女でした(笑)。

21 「NOAH」 / JAM Project
22 「Vanguard」 / JAM Project
23 「レスキューファイアー」 / JAM Project
――初日でトリを飾ったJAMが満を持して登場。遠藤さんお誕生日おめでとうございました! 前半戦はここで爆沈完了!


24 「Os-宇宙人」 / エリオをかまってちゃん
25 「コタツから眺める世界地図」 / エリオをかまってちゃん
――正直意味分からなかったけど、ギターの人があれだけ激しく動きまわってるのにしっかり演奏できるのは素直に感心しました。

26 「SUPERNOVA」 / GRANRODEO
27 「アウトサイダー」 / GRANRODEO
28 「Go For It!」 / GRANRODEO
――まさか予想が的中するとは。「魔法の四文字」の煽り直後の盛り上がりは凄かったです。念願の生「I・G・P・X!」が出来て感動しました。

29 「Magia」 / Kalafina
30 「sprinter」 / Kalafina
――特別出演で登場のKalafina。まどマギの映像は高まりますよね。僕は一応振りませんでしたが、みんな気にせずにリウム振ってましたね。

31 「I'll believe」 / ALTIMA
――最初のシークレットゲストはまさかのmotsuさんとsatさんとヲ嬢の新生コラボユニット。案の定「サットおおおおおおおお!!!!」と叫ぶ僕でした(笑)。

32 「FLAGS」 / T.M.Revolution
33 「SWORD SUMMIT」 / T.M.Revolution
34 「ignited-イグナイテッド-」 / T.M.Revolution
――この日がついに来ました。非公式なアンケートで一位を取ったTMRがアニサマに初出演です。僕の原点とも言える「ignited-イグナイテッド-」がかかった時は、申し訳ないですがキチらせていただきました。泣きそうになりながら叫びまくっていた僕です。

35 「ETERNAL BLAZE」 / 水樹奈々&遠藤正明
36 「UNBREAKABLE」 / 水樹奈々
37 「純潔パラドックス」 / 水樹奈々
38 「SCARLET KNIGHT」 / 水樹奈々
――二日目のトリを飾るのは、エタブレのコラボという前代未聞なセトリから始まった奈々様。今年は定番曲でまとめていたのでトリに相応しい盛り上がりでした。特に純パラがお気に入りです。

アンコール
EN 「rainbow」 / アニサマ2011テーマソング
――残念ながら千代丸のギターソロはありませんでしたが、アニサマ2011のテーマソングが千代丸曲になったことを誇りに思える素晴らしい大団円でした。全力で「千代丸うううううううううう!!!!」叫びました!





アニサマは初参戦なので純粋な比較はできないですが、今年の二日目は相当俺得なセトリだった気がします。最初から最後までほぼ高まってましたし。二日目を選んでよかったです。

終演後はサークルの友人と再び合流して後飲みしようと思ったんですが、都合が付かないとのことで二人とはそこで解散。その代わりもう一人の友人(いつもスフィアライブへ一緒に行ってるやつ)とその連れと合流して渋谷にて四人で飲みました。

まあみんな同じ大学の二年生ということで話しやすかったです。とりあえず、居酒屋で石焼ビビンバ四人前頼むと間違って注文したんじゃないかと確認されることが分かりました。



今まで参戦していなかったことを後悔するくらい、アニサマは素晴らしいライブでした。まさに日本のアニメ界を代表するに恥じぬライブでしょう。

ソロライブももちろん最高ですが、こうやって色々なアーティストが楽しめるライブも最高ですね。次回は僕のホーム、スフィアの2daysが二週間後に控えています。今から全力で予習していきますよ! では!ノシ





今、僕らは手を重ね どこまでも繋ごう
ぐるり星さえ 巡るほどのスケールで
ホラ、誰かの悲しみも 未来の証明も
その全部を 分かち合えるリング
古いノート 無邪気なその落書きは
どのページも 輝くような
虹があったね

rainbow / アニサマフレンズ

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

水樹奈々『NANA CLIPS 4』視聴感想

突然見たくなったので、先輩から『NANA CLIPS』の4と5を拝借しました。更新率も増えるし、今さらだけどせっかくだから感想を書いてみようかと思いました。





【全曲感想】


1. SUPER GENERATION

冒頭のピアノを弾くシーンは躍動感があって素晴らしい。ただ、その後登場するピアノのシーンがちょっとわざとらしい気はする。確かにPVだしある程度の誇張は必要だが、それにしても動きすぎではないか。もう少し手だけの演出を増やした方が個人的には好み。


2. 残光のガイア

世界観はしっかりと表現されているのだが、いかんせん謎のダンスともっさりした衣装。動いているわりには変化も少ないので途中で飽きてしまうかもしれない。


3. Justice to Believe

原作のゲームはプレイしたことがないのだが、いかにも「ゲーム」らしいコンセプトと構成が曲によく合致している。赤いドレスによるダンスパートと剣士の格好をした決闘パートの二面性が、作られたストーリーに深みを持たせていてgood。PVとしてはかなりの出来だと思う。


4. アオイイロ

奈々様の貴重な制服姿、それもブレザーとセーターの2パターンが見られるというかなりファンサービスな作品。ノーカットでお送りする学園生活は楽しげで心躍るのだが、周りが勉強している中で一人歌いだす、黒板に描かれた謎の絵など、常識を逸脱している描写に違和感を覚えるところもある。


5. Crystal Letter

氷の惑星に閉じ込められたお姫様のような衣装や表情が、原曲の儚さを見事に表現している。動きは少ないし小物を映すカットも多いため若干物足りなさを感じる人がいるかもしれないが、あえて動きを少なくしたり間に人物以外のものを映したりすることで、曲や素材自体のよさが引き立てられるのではないかと感じた。


6. SECRET AMBITION

分かりやすい白と黒の対比。大方白いのが殻を破れない弱い自分で、それを見守っているもう一人の強い自分。たくさんある皿に溜まっている水は涙の象徴か……という考察をしながら最後まで見たところで違和感。あれ、これってもしかして続き物?


7. MASSIVE WONDERS

やっぱり続き物だった。赤いライダースーツに着替えた奈々様は『戯言シリーズ』に登場する哀川潤を彷彿とさせる(と、あまり知識もないのに例えてみる)。白い奈々様は被験体として捉えられたのか、それとも危険分子として隔離されたのか。もしくは心象世界の比喩なのか……考察は尽きないが、オーディオコメンタリーに解答編があることを期待しよう。


8. Orchestral Fantasia

楽器を演奏している描写に相変わらず引き込まれる。特にヴァイオリンの手つきはさすがプロといったところ。映像と音楽をシンクさせているだけなのに実際に楽器から音が鳴っているように見える。最後のネタバレは予想通りだった(笑)。


9. Astrogation

言わずもがな、PVの中で一番可愛いと思う。理由を考えてみたのだが、どうもあの髪型にあるのではないかとの結論に至った。他のPVに比べてさらさらつやつや度が数倍大きいのではないか。あくまでも僕が勝手に推測しただけだが。


10. COSMIC LOVE

かなり異色なPVだと思われるが、個人的にはかなり好きな部類に入る。とりあえずマーブルチョコレートとチュッパチャプスが食べたくなるPVである。見どころはお天気お姉さん風の奈々様だろうか。


11. MASSIVE WONDERS (another edit)

ごめんなさい、オーディオコメンタリー聴くまで通常verと何が違うのか気付かなかった。幻のグラサンverだったのか。言われて見ればグラサンかけてたな。しかし似合っているかと言われると……素顔のままの奈々様が一番素敵です。





【総括】


「これは好き!」と心から言えるのは半分くらいでした。まあPVで半分当たりなら十分だと思いますが。曲はもちろん全曲好きです。PVはスフィアくらいしかまともに見たことがなかったので、いい刺激になりました。5も時間があったら見ようかな。ではノシ

テーマ : 声優
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

綺羅矢的

Author:綺羅矢的

好きなもの
【声優(個人)】
☆石原夏織さん
☆豊崎愛生さん
☆阿澄佳奈さん
☆花澤香菜さん
☆内田真礼さん
★保志総一朗さん
★藤原啓治さん
★中村悠一さん
★杉田智和さん
★細谷佳正さん
and more...

【声優(ユニット)】
☆スフィア
☆ゆいかおり
☆μ's(ラブライブ!)
and more...

【声優(楽曲)】
☆水樹奈々さん
☆茅原実里さん
★GRANRODEO
★鈴村健一さん
and more...
ツイッター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
新アクセス解析
リンク
○友人ブログ・サイト○
鮭缶メモリアル
Author:いくら+
木偶の坊になりたくはない!!
Author:仁丹

◆相互リンクブログ・サイト様◆
声優好きのつぶやき
Author:こじこじさん
ゆったり日記情報局(仮)
Author:setsuna1242さん
ひだまりびより!
Author:ふうりんさん
happy moment
Author:桜井悠一さん
Harmonics
Author:ラフ・メイカーさん

□素敵ブログ・サイト様□
ムファッサでほっこり~♪
Author:RIOT様
GONTAのぶらぶら日記
Author:GONTA様

★声優さんブログ様★
阿澄日和
→阿澄佳奈(あすみん)公式ブログ
あきまつり
→豊崎愛生(愛生ちゃん)公式ブログ
マジP!
→間島淳司(マジー)公式ブログ
みなころび八起き
→寿美菜子(美菜ちゃん)公式ブログ
おさとう缶。
→佐藤聡美(しゅがりん)公式ブログ
Strawberry Candy
→竹達彩奈(あやにゃん)公式ブログ
※後日追加予定

◎各社公式サイト様◎
ミュージックレイン
Pl@net sphere
豊崎愛生アーティストサイト
※後日追加予定
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク