連載企画:『こえうた。』Track.10「中川かのん feat.東山奈央」

春告鳥(はるつげどり)とも称されるウグイスが盛んにさえずり出した3月15日、埼玉県鳴沢市(※1)にある鳴沢臨海ホール、通称「なるりん」にも春を告げる鳥が舞い降りた。中川かのん。かつては人気アイドルユニット「Citron」の一員として活躍していた彼女が、この日、新人歌手として華々しい一人立ちを飾った。

会場に入ると、そこは収容人数ギリギリの2500人(※1)で埋め尽くされていた。法被を着て談笑している者、ライブTシャツに着替えている者、サイリウムの準備をしている者……。みな今か今かと、新人アイドルにしてトップアイドルの登場を待ちわびている。

やがて開演のブザーが鳴り照明が落とされると場内は歓声に包まれた。中川かのん1stワンマンライブ「Birth」の開演である。

暗がりの中、アルバムの一曲目である『Date of Birth』に合わせながら、スクリーンにはワームホールに吸い込まれ高速で宇宙を駆け抜けるイメージを想起させる幻想的な動画が映し出される。大きくなる手拍子。高まる期待。やがて曲が終わり、スクリーンの動画が文字に切り替わった。


「はじめまして!」


次の瞬間、派手な爆発のエフェクトとともに中川かのんが登場し、彼女の自己紹介ソングである『LOVE KANON』が流れ出した。曲の途中でかのんちゃんが行う“BANG! BANG!”という撃ち真似に、早くもファン達は心を射抜かれたようだ。

『LOVE KANON』が終わると間髪を入れずに二曲目『YES-TODAY』へと突入。片想いに悩む年頃の少女の甘酸っぱい心境をポップなメロディーに乗せた可愛らしい曲である。会場が一体となってクラップしていたのが印象的だった。


「新人アイドルの中川かのんです。今日は精一杯心を込めて歌いますので、応援よろしくお願いします!」決意表明のMCに続くのは、2ndシングルの『ALL g4 YOU』。夏にはまだ少々早いが、会場のすぐ側にある海のささめきが伝わってくるような爽やかさでもって歌い上げていた。

水色のスポットライトが淡いピンク色に変わったら、4曲目の『ウラハラブ』が始まるサインである。ワルツの調べに乗せて、“ウラハラ”な恋心をかのんちゃんの甘い歌声で見事に表現していた。


「なるりん制圧、いっくよ~!」の掛け声とともに、中川かのんの代表曲『ハッピークレセント』がかかると会場は興奮のるつぼと化した。曲の合間に観客が一体となって「かのんちゃーん!」と叫ぶのを見ると、改めて彼女がどれだけファンに愛されているかが分かる。

ステージが暗転。少々の待ち時間のあと、バックスクリーンに雨の映像が流れ出し、ステージ上手からピンク色のレインコートを着たかのんちゃんが登場した。『想いはRain Rain』のイメージに合わせた、粋な演出と言えるだろう。


楽しい時間の終わりは突然やってくる。かのんちゃんの「次が最後の曲です」という発言に会場中からライブの終了を惜しむ声が投げかけられた。

「皆さん、最後まで盛り上がってくださいね」とのお願いのあと、どこかで聴き覚えのあるストリングスの音色が流れ出した。アルバム未収録曲『コイノシルシ from Kanon』である。かのんちゃんからの思わぬサプライズプレゼントで締めくくられた1stワンマンライブは、大盛況のうちに幕を閉じたのだった……。



……と、ここで終わりなはずがない。何故なら、まだ歌っていない曲があるではないか。1階からも2階からも発せられるアンコールの声の嵐。その圧倒的な迫力に、関係者席にいた私もつい一緒になって声を張り上げてしまった。


皆の熱い思いが届いたのか、再びステージ上にライトが当たると、そこには今回のライブをイメージしたTシャツを着たかのんちゃんが立っていた。再び湧き上がる観客だったが、静かにピアノのイントロが始まると、皆黙って着席した。

中川かのん、懇親のバラード曲『らぶこーる』。「何も見えない暗闇の中で 見つけたんだ 小さな光を」Citronの脱退騒動やその後の過密スケジュールによる忙しさから、本来の自分を見失いそうになっていた彼女。しかし、その大きな試練を乗り越えたからこそ、ここに本物の中川かのんというアイドルが誕生したのだろう。

『らぶこーる』が終了すると、会場から今まで以上の喝采が舞い上がった。「この曲は私にとって特別な曲なので、今日という特別な日に歌うことが出来てよかったです」。涙を流しながら告げるその姿に「頑張れ!」と暖かい声援が降り注いだ。

「これが本当に最後の曲です。皆さん、一緒に歌ってください!」。かのんちゃんの「1・2・3・4!」というカウントで、本当にライブ最後の曲『ダーリンベイビ』が始まった。最後に相応しいアップチューンなナンバーに、会場のボルテージは最高潮。皆、悔いを残さないよう腕を振り上げ「Hey! Hey!」と叫びながら全力で跳んでいた。曲終わりの合唱も見事に決まり、かのんちゃんが今日一番のきらめく笑顔を見せた。


アルバム最後の曲である『Birth』のメロディをバックに、終演のアナウンスが流れる。皆、まだ夢心地から冷められないらしく、なかなか席を立つことが出来ないでいた。

1stライブでここまでの衝撃と感動を私たちに与えてくれた中川かのん。きっと今後の日本のアイドル界を引っ張っていく逸材であろう。また彼女のライブを取材する機会が私に与えられることを切に願いたい。



『I.D.o.L』5月号「中川かのん1stワンマンライブ『Birth』特集」

文:綺羅矢的
撮影:苫屋ラキ



なかなかライブレポート風の記事を書くのは大変ですね。せっかく声優雑誌という参考資料がたくさんあるんだから、今度からもっと参考にしたいと思います。

次回、『こえうた。』Track.11「阿澄佳奈(ガチうたver)」、お楽しみに!



(注)
※1……筆者の勝手な捏造である。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 声優
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

綺羅矢的

Author:綺羅矢的

好きなもの
【声優(個人)】
☆石原夏織さん
☆豊崎愛生さん
☆阿澄佳奈さん
☆花澤香菜さん
☆内田真礼さん
★保志総一朗さん
★藤原啓治さん
★中村悠一さん
★杉田智和さん
★細谷佳正さん
and more...

【声優(ユニット)】
☆スフィア
☆ゆいかおり
☆μ's(ラブライブ!)
and more...

【声優(楽曲)】
☆水樹奈々さん
☆茅原実里さん
★GRANRODEO
★鈴村健一さん
and more...
ツイッター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
新アクセス解析
リンク
○友人ブログ・サイト○
鮭缶メモリアル
Author:いくら+
木偶の坊になりたくはない!!
Author:仁丹

◆相互リンクブログ・サイト様◆
声優好きのつぶやき
Author:こじこじさん
ゆったり日記情報局(仮)
Author:setsuna1242さん
ひだまりびより!
Author:ふうりんさん
happy moment
Author:桜井悠一さん
Harmonics
Author:ラフ・メイカーさん

□素敵ブログ・サイト様□
ムファッサでほっこり~♪
Author:RIOT様
GONTAのぶらぶら日記
Author:GONTA様

★声優さんブログ様★
阿澄日和
→阿澄佳奈(あすみん)公式ブログ
あきまつり
→豊崎愛生(愛生ちゃん)公式ブログ
マジP!
→間島淳司(マジー)公式ブログ
みなころび八起き
→寿美菜子(美菜ちゃん)公式ブログ
おさとう缶。
→佐藤聡美(しゅがりん)公式ブログ
Strawberry Candy
→竹達彩奈(あやにゃん)公式ブログ
※後日追加予定

◎各社公式サイト様◎
ミュージックレイン
Pl@net sphere
豊崎愛生アーティストサイト
※後日追加予定
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク