『けいおん!』夢小説風二次創作SS NN「1st story - with Mio -」

まずはこちらをお読みください→





「うう、やっぱり止めとけばよかった……」

「いや、澪が呼んだんだろ」

二人分の足音が闇の中でコツコツと反響する。窓の外から差し込む月の光だけが、俺たちの行く手を薄ぼんやりと照らしていた。

夜八時半、誰もいない校舎の中を、俺と澪は腕を組みながら歩いていた。いや、正確に言えば、澪が俺の腕にしがみ付きながら歩いていた。

「だって、咲夜くらいしか頼れる人いなかったし……」

「別に俺が一人で取りに来てもよかったんだぞ?」

「それじゃ咲夜にだけ手間掛けさせることになるだろ? そんなの嫌だ!」

「むしろこの状況の方が手間な気がするが……」

今から約20分ほど前、俺が八畳一間の狭い自宅でコンビニ弁当を食いながらパソコンをいじっていたところ、傍に置いてあった携帯が突然震えだした。電話の主は澪で、何やら音楽室に忘れ物をしたらしいので取りに行きたいのだけれど、一人じゃ怖いため一緒に付いて来てほしいということだった。まあ特に断る理由もないから引き受けたのだが、その時は澪の怖がりが人並み外れたものだということをすっかり失念していた。

「わ、わたしだって、頑張って一人で行こうとしたけど、でもやっぱり怖くて……」

普段は落ち着きのない軽音部をまとめるお姉さん的存在の澪だけに、こういった怖いものや痛いものを苦手とする姿は一段と可愛らしく見える。そのギャップが生徒から人気を集める一因にもなっているのだろう。


「そういや澪、知ってるか?」

「え、なに……?」

暗闇を過剰に怖がる澪を見ているうちに、俺の中で悪魔の人格が疼き始めた。ちょっと意地悪してみろよ、そう彼は呟くのだ。

「桜が丘高校に古くから伝わる“七不思議”の話」

「な、なんだよ、それ……」

“七不思議”という俺が発したあまりいい響きのしない単語に、澪は顔を強張らせる。

「漫画とかでよくあるだろ? “謎の13階段”とか“動き出す人体模型”とか。そんな怪談話が、この桜が丘にもあってな……」

「や、やめろよ、咲夜。今そんな話しなくてもいいだろ?」

怒りの眼差しで俺を睨みつける澪だが、その目は猟師に銃を突きつけられた小熊のようで、全く力がこもっていない。澪の懇願を無視して、俺は話を続ける。

「何でも、この学校の夜の音楽室には“悪魔”がいるらしいぞ」

バン! と俺がリノリウムの床を力強く蹴ると、その破裂音に驚いた澪は悲鳴を上げ、俺の胸の中へ身を隠すように勢いよく飛び込んできた。

「きゃあああああああっ!!!!」

俺の胸に顔を押し当て、澪は全てを意識の外へと追いやるように目を閉じ、耳を塞ぎ、口を噤んでいる。想像以上の反応に俺は戸惑ってしまった。

「ひっく、えぐ……ううぅっ、さくやの、いじわるぅっ……!!」

俺が来ているシャツの胸元を握り締め、目からぽろぽろと涙を流している澪。流石にやりすぎたかな、と俺は反省した。

「あー、ごめん。今までの話、全部ウソだから」

澪の頬を伝う涙を丁寧に拭った後、俺は澪の体を包み込むように抱きしめた。それに答えるように、澪も俺の背中に腕を回してきた。

「……ほんと?」

抱きしめられた体勢のまま、澪は顔だけを上げて話しかけてくる。張り詰めていた気が涙とともに流れ落ちてしまったのか、あどけない表情がとても可愛らしかった。

「うん、本当。ごめんね、おどかして」

その後、澪が俺を許してくれるまでずっと、俺は澪のことを抱きしめ続けたのだった。


***


それから再び歩き出した俺たちは、道中これといった怪奇現象に襲われることなく、四階にある音楽室の前に到着した。先ほどまで俺の横を歩いていた澪はいつの間にか俺の背中にしがみついている。

「行動早いな、おい」

「だ、だって、もし“悪魔”がいたら……」

「だからあれは冗談だって。そんなもの本当にいるはずがないだろ?」

俺の与太話を本気にするとは、澪の怖がりにも困ったものだ。俺は半ば呆れ顔で苦笑しながら音楽室の扉に手をかけ、何とはなしに横へとスライドした。

「もしそんなのがいても、俺が護ってや、る…………」

「………………」

扉を開けてすぐの超至近距離、俺の視界いっぱいに広がる、赤と白で塗りたくられた不気味な顔。


そこにいたのはまさに“悪魔”そのものだった。


「さ、さくや、どうし……」

俺の異変に気が付いたのか、横から様子をうかがおうとする澪。俺は静止させようとしたが、あまりに唐突な出来事に喉が張り付き、声を出すことが出来なかった。

「………………」

ふらっ――

「澪っ!?」

倒れかかり床に直撃しそうになった澪を間一髪のところで受け止める。恐怖で気を失ってしまったようだ。

「な…………」

まさか本当に“悪魔”がいるなんて。逃げ出そうにも足がすくんで動くことが出来ない。

脳内にこれまで経験してきた思い出が走馬灯のように映し出される。ああ、俺の人生もここで終止符か。短い人生だったけど、このまま澪と一緒に逝けるのなら本望かな……。そんな風に考え、自身の死を潔く受け入れようと決めたとき、

「あなたたち、こんな時間に何やってるの!?」

脳内にどこかで聞いたことのある声が響く。必死で辺りを見回しその声の主を探してみるが、目の前の“悪魔”以外に声を発しそうな物体はない。

「……もしかして、あんた……」

“悪魔”は俺の呟きに応じるように、赤と白の「仮面」を取り去った。


***


「ん、うぅん……」

ゆらゆらと心地よい振動に揺られながら私は目を開けた。ここはどこだろう。何だか長い時間眠っていたような気がする。

「あ、起きたか?」

はっきりとしない意識の中、耳に浸透してくる甘い低音の声は聴き馴染みのあるものだった。

「…………さ、くや?」

「うん、おはよ。よかった。心配したんだぞ?」

視線は前に向けたまま咲夜が話しかけてくる。どうやら私は咲夜におんぶされているらしい。でも何で……?

「…………あっ!」

そうだ、確か私たちは音楽室の前にいて、咲夜が扉を開いたと思ったらそのまま固まっちゃって、それで私は怪しいと思って咲夜の横から音楽室の中を覗いたら――あの“悪魔”がいた。そっか、私、気を失ってたんだ……。

「てか、私たち助かったのか!? あの“悪魔”に出会って殺されたんじゃ……」

言っているうちにその時のことがフラッシュバックして怖くなったが、咲夜の返答を聞くためにここはぐっとこらえた。しかし、その咲夜の口から飛び出した言葉は、私の想像の遥か彼方を行くものだった。

「ああ、あれね、さわちゃん」

「………………はあぁ?」

呆れるくらい素っ頓狂な声が夜の道路に響き渡った。私は慌てて自分の口を塞ぎ、恥ずかしさを隠すように体を縮こませた。


咲夜の話によると、あのとき私たちの目の前にいたのは確かに“悪魔”だったが、それは昔さわ子先生がバンドで使っていた悪魔の“仮面”だったらしい。もしそれが誰かに見つかりさわ子先生が昔軽音部にいたことがバレたら今まで作り上げてきた清楚可憐な先生像が崩れると思い、皆が帰宅した後こっそり処分するつもりだったらしいのだが、いざ手にしてみると過ぎ去りし日の思い出が蘇り、つい被ってしまったところを私たちに見つかった、というわけだそうだ。

「何だ……。まったく、人騒がせな先生だな……」

「夜の学校に許可なく忍び込んだんだから、俺たちも同類だろ?」

「むぅ……」

私は先生への怒りをあらわにしたが、咲夜が正論で返すものだから反論できなくなってしまい、頬を膨らませたまま黙るしかなかった。


しばらく咲夜の背中に乗っていると、私はだんだんと体が重くなるのを感じた。咲夜が歩く度に起こる揺れが気持ちよくて、眠くなってきてしまったのだ。

「寝てていいよ。澪ん家ついたら教えるから」

私の小さな欠伸に気が付いた咲夜がそう言ってくれた。普段なら拒否するところだけど、今日は何だか疲れちゃったし、ここはお言葉に甘えることにしよう。

「うん、ありがとう……」

咲夜の大きな背中の上で、私は再び眠りについた。今度は恐怖ではなく、幸せな気持ちと共に。





怖がり少女の剣(つるぎ)となるは、悪魔も退く“knight of nights”――。



(続く)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

綺羅矢的

Author:綺羅矢的

好きなもの
【声優(個人)】
☆石原夏織さん
☆豊崎愛生さん
☆阿澄佳奈さん
☆花澤香菜さん
☆内田真礼さん
★保志総一朗さん
★藤原啓治さん
★中村悠一さん
★杉田智和さん
★細谷佳正さん
and more...

【声優(ユニット)】
☆スフィア
☆ゆいかおり
☆μ's(ラブライブ!)
and more...

【声優(楽曲)】
☆水樹奈々さん
☆茅原実里さん
★GRANRODEO
★鈴村健一さん
and more...
ツイッター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
新アクセス解析
リンク
○友人ブログ・サイト○
鮭缶メモリアル
Author:いくら+
木偶の坊になりたくはない!!
Author:仁丹

◆相互リンクブログ・サイト様◆
声優好きのつぶやき
Author:こじこじさん
ゆったり日記情報局(仮)
Author:setsuna1242さん
ひだまりびより!
Author:ふうりんさん
happy moment
Author:桜井悠一さん
Harmonics
Author:ラフ・メイカーさん

□素敵ブログ・サイト様□
ムファッサでほっこり~♪
Author:RIOT様
GONTAのぶらぶら日記
Author:GONTA様

★声優さんブログ様★
阿澄日和
→阿澄佳奈(あすみん)公式ブログ
あきまつり
→豊崎愛生(愛生ちゃん)公式ブログ
マジP!
→間島淳司(マジー)公式ブログ
みなころび八起き
→寿美菜子(美菜ちゃん)公式ブログ
おさとう缶。
→佐藤聡美(しゅがりん)公式ブログ
Strawberry Candy
→竹達彩奈(あやにゃん)公式ブログ
※後日追加予定

◎各社公式サイト様◎
ミュージックレイン
Pl@net sphere
豊崎愛生アーティストサイト
※後日追加予定
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク